メインメニューを開く

桂 広澄(かつら ひろずみ、生年不詳 - 大永4年(1524年))は、戦国時代室町時代後期)の武将毛利氏の家臣。桂城主。受領名左衛門尉[1]坂広明の子[1]。兄弟は平賀弘保妻の女子[2]、宍戸元源妻の女子[2]、坂新三郎[2]、坂新五郎[2]、坂新次郎[2]。子に元澄[2]元忠[2]就延[2]保和[2]、国司元相妻の娘[2]がいる。

生涯編集

毛利一族である毛利宗家の執政を務めた坂氏の嫡流筋に生まれたが、分家して桂村に居住し桂姓を名乗るようになった[1]。なお、執政職は広澄の叔父である坂広時、ついで坂一族傍流の志道広良が務めている。

毛利元就が家督相続した際には、既に子の元澄に家督を譲っていたためか、起請文に署名した宿老15人の中には元澄の名はあるものの、広澄の名は見えない。前年に一門の広時が失脚・粛清された事件に連座したためか。

大永4年(1524年)に一族の坂広秀が元就の弟相合元綱を擁して元就に謀反し、誅殺された。広澄は謀反には無関係であったが、坂一族の嫡流として一門の責任をとるため、元就の制止を振り切って自害して果てた。

この時、子の元澄たちも城に籠もって自刃しようとしたが、元就の懇願もあって思いとどまり、以後も桂氏は毛利家重臣として存続することになった。

脚注編集

参考文献編集

  • 岡部忠夫編著『萩藩諸家系譜』琵琶書房、1983年8月。全国書誌番号:84027305NCID BN01905560ASIN B000J785PQ
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション

関連項目編集