井上 元吉(いのうえ もとよし)は、戦国時代武将毛利氏家臣安芸井上氏清和源氏の流れを汲む信濃源氏井上氏の支流。

 
井上元吉
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 新左衛門尉(通称
主君 毛利興元幸松丸元就
氏族 安芸井上氏
テンプレートを表示

生涯編集

系譜は不明であるが、安芸井上氏に生まれる。

大永3年(1523年)に毛利幸松丸が死去した際に毛利元就に家督相続を要請した連署状に署名した15名の宿老の1人[1]。この時、元吉は12番目に「井上新左衛門尉元吉」と署名している。また、享禄5年(1532年7月13日の毛利氏家臣団32名が互いの利害調整を元就に要請した連署起請文では9番目に同様の署名をしている[2]

それ以外の動向は不明。

脚注編集

参考文献編集