桂 文都(かつら ぶんと)は、上方落語名跡。当代は7代目であり、月亭文都(つきてい ぶんと)を名乗る。


4代目 かつら 文都ぶんと
本名 梅川 正三郎
生年月日 不詳年
没年月日 1945年5月25日
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目桂文都
名跡 1. 桂都司男
2. 2代目桂玉輔(1916年 - ?)
3. 4代目桂文都
4. 桂文鈐(? - 1945年)
活動内容 上方落語
家族 3代目桂文都(父)
所属 反対派
三友派
大八会

4代目 桂 文都(明治中期 - 1945年5月25日)は、本名: 梅川正三郎。生年不詳。

経歴編集

3代目文都の実子で、大正初期に父の門下となる。都司男の名で反対派に所属、1916年頃に2代目玉輔と改名。このころ、父の属していた三友派に移籍し、若手の勉強会「つぼみ会」などに出演していた。

1922年大八会に移籍。このころから上方落語が凋落期に入り、動向が分からなくなるが、昭和初期に大阪を離れて各地を廻っていたころ、4代目文都を襲名した模様である。後に東京で活動。『落語系圖』には「文鈐」(「文鈴」の誤植か?)の名で記されているが、その襲名順は不明。

父と同じく大酒飲みとして知られた。SPレコードに『動物園』を玉輔時代に吹き込んだものが残されている。その他にも『味噌蔵』や、父親譲りの『子別れ』『立ち切れ線香』も高座に掛けていた。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)

脚注編集