メインメニューを開く
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

9代目 土橋亭 里う馬(どきょうてい りゅうば、1892年(明治25年)3月3日 - 1968年(昭和43年)12月5日)は、東京落語家。本名:黒柳吉之助。出囃子は『都囃子』。

9代目 土橋亭どきょうてい りゅ
本名 黒柳 吉之助
生年月日 1892年3月3日
没年月日 (1968-12-05) 1968年12月5日(76歳没)
出身地 日本の旗 日本・東京
師匠 4代目橘家圓喬
4代目橘家圓蔵
4代目古今亭志ん生
8代目入船亭扇橋
8代目桂文治
2代目桂小文治
名跡 1. 橘家喬松(1912年 - ?)
2. 橘家喜久蔵(時期不明)
3. 橘家稲蔵(時期不明)
4. 4代目金原亭馬好(時期不明)
5. 入船亭鯉之助(1919年 - 1921年)
6. 浮世戸平(1921年 - 1924年)
7. 桂文兎(1924年 - 1928年)
8. 桂文都(1928年 - 1946年)
9. 桂文一(1946年 - 1948年)
10. 9代目土橋亭里う馬(1948年 - 1963年)
出囃子 都囃子
活動期間 1912年 - 1963年
活動内容 落語
幇間
所属 落語協会(1924年 - 1946年)
日本芸術協会(1946年 - 1963年)

生家は東京で一二を争う筋屋(煙管に細工をする)。徴兵検査の20歳まで生家を手伝う。1912年に最晩年の4代目橘家圓喬に入門。喬松(東喬とも)と名乗るが、半年後に師匠圓喬が亡くなったため、活動写真弁士になる。浅草帝国館で黒沢松声という弁士に入門するがこれも半年ほどで長続きせず、4代目橘家圓蔵門下となりちょうど菊のシーズンだったので喜久蔵、1916年 - 1917年ころに稲蔵で二つ目。翌年ころ6代目金原亭馬生(後の4代目古今亭志ん生)門下で4代目金原亭馬好と改名。だが、師匠馬生の妹と関係してしまい北海道に逃げ幇間に転向。(1921年以降に幇間になる説あり)以後1928年ころまで、落語家に復帰はするもののあちこちと師匠を変えたりなど尻が定まらない。以下を表にすると。

  • 1919年 - 3月に8代目入船亭扇橋門下で、鯉之助を名乗る。
  • 1921年 - 11月に「東西落語会」で浮世戸平と改名し真打昇進。
  • 1923年 - 関東大震災発生、当時東京の落語家は仕事が激減、戸平は下谷で幇間と兼業になる。この年は本姓も「岬柳」から「黒柳」に変える。
  • 1924年ころ - 8代目桂文治門下に移り、桂文兎を名乗る。
  • 1928年 - 3月、桂文都に改名。(大阪の文都と関連は不明)

文都時代がもっとも安定していたと言われている。戦後芸術協会に加入、2代目桂小文治の門になり1946年桂文一となる。5代目古今亭今輔の斡旋で、引退していた8代目土橋亭里う馬(本名:岡田左太郎)から里う馬の名跡を譲られ、1948年6月9代目土橋亭里う馬を襲名する。

1963年頃まで寄席にも出ていたがほとんどが「毒演会」と自ら名付けた独演会を1935年から戦中・戦後とぎれとぎれにはなったものの1965年頃まで約26年間で約400回以上定期的に持ち、当時の落語界と一線を劃した。最初は貸席の上野梅川、その後貸席の本郷志久本と変わり戦後はいろいろなところで催された、再末期は見台の上にネタ帳を置いて読みながらの口演で客の人数も十数人と散々なとなっていた。博学多彩で話術に秀で、孤高の噺家として熱狂的なファンを持っていた。毒演会でよくやっていたネタは「付き馬」「万病円」また一席の後「杉戸の蔭」や「雑話」と題した楽屋噺するのが恒例であった。

また筆まめで日記を付けることを日課としていた(通称「里う馬日記」)。季節ごとに友人や評論家、好事家に手紙、はがきを出すのも恒例でファンを獲得きっかけでもあった、友人でやりともよくしていた坊野寿山は「ハガキヨイショ(葉書ヨイショ)」と称した。趣味は千社札の収集と制作。

上記の通り1963年頃に糖尿病による視力の低下で寄席の出演を引退、引退後はアマチュア6段であった得意の将棋を生かして上野本牧亭の階下にあった将棋場「将棋倶楽部」で管理人をしながら客の相手を亡くなる2年前まで務めた。

尚「毒演会」と名付けた独演会は現在2代目快楽亭ブラックが同じ「毒演会」の名で行なっている。