メインメニューを開く

桃色吐息」(ももいろといき)は、高橋真梨子の10枚目のシングル1984年5月21日ビクターインビテーションから発売された。

桃色吐息
高橋真梨子シングル
初出アルバム『Triad
B面 もいちどロマンス〜街角物語
リリース
規格 シングルレコード
録音 1984年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ビクターインビテーション
作詞・作曲 康珍化(作詞 #1)
佐藤隆(作曲 #1)
岡本朗(作曲 #2)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン[1]
  • 1984年度年間23位(オリコン)[1]
  • 5位(ザ・ベストテン
  • 高橋真梨子 シングル 年表
    COME BACK TO ME
    1982年
    桃色吐息
    (1984年)
    ジュン
    1985年
    Couplet 収録曲
    もいちどロマンス〜街角物語
    (5)
    桃色吐息
    (6)
    トパーズの湖
    (7)
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソングとして一般に浸透し、高橋の代表曲の一つとなった。妖艶・濃厚な大人の世界を描きながら、それまで業界の大勢であったムード歌謡とは一線を画する美しさを兼ね備えた作風であり、同じく当年の大ヒットである安全地帯ワインレッドの心」と並び称される。

    作詞者の康珍化は本作で第26回日本レコード大賞作詞賞を受賞し、音楽界における地位を確固たるものとした。高橋は同楽曲で、ソロ歌手としては1984年末の「第35回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした(但し高橋自身の紅白出演は、1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」にペドロ&カプリシャスのボーカリストとして「ジョニィへの伝言」以来10年ぶり2回目となる)。

    当初「カメリアダイヤモンド」のCMソングとして発注されたものの、広告制作会社の意向により一旦は没案となった[2]。しかし本作を推していた当時の高橋のマネージャーの園田正強のプッシュにより期間限定でCMで流すことになった[2]。その後の積極的な売り込みも功を奏し、50万枚の大ヒット[3]。それまで高橋のソロシングルで最高セールスだった「ハート&ハード 〜時には強く時には優しく〜」の10万枚を大きく上回る大ヒットになった[3]。また、本作を収録したアルバム『Triad』も50万枚をうかがう売上で[4]、それまで高橋のソロアルバムで最高セールスだった『Dear』の16万枚を大きく上回る大ヒットになった[4]

    TBSテレビの音楽番組『ザ・ベストテン』は同曲で唯一の出演を果たす。1984年7月19日にスポットライトで初登場。1984年8月16日以降、同年9月20日まで6週間ランクイン、最高位は5位。なお、『ザ・ベストテン』1984年の年間ランキングは28位だった。

    オリコン発表の売上枚数は36.8万枚[1]

    PENICILLINが34枚目のシングル「幻想カタルシス」のカップリングにてカバーをしている。また、JUJUも歌謡曲のカバーアルバム『スナックJUJU 〜夜のRequest〜』にて同曲をカバーしている。

    収録曲編集

    (全編曲:奥慶一

    1. 桃色吐息
      作詞:康珍化、作曲:佐藤隆
    2. もいちどロマンス〜街角物語
      作詞:竜真知子、作曲:岡本朗

    収録アルバム編集

    曲名 アルバム 発売日 備考
    桃色吐息 Triad 1984年9月21日 9thオリジナルアルバム
    もいちどロマンス〜街角物語

    脚注編集

    1. ^ a b c スージー鈴木 2017, p. 105.
    2. ^ a b 川上貴光 2000, p. 175.
    3. ^ a b 川上貴光 2000, p. 169.
    4. ^ a b 川上貴光 2000, pp. 176-177.

    参考文献編集

    • 川上貴光『高橋真梨子とびらを開けて』文藝春秋、2000年。ISBN 4-16-356-050-5
    • スージー鈴木『1984年の歌謡曲』イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7

    関連項目編集