株式会社桐原書店(きりはらしょてん)は、参考書・教科書・語学書などを出版している出版社である。2010年から2013年の一時期はピアソン桐原の社名で企業活動を行っていたため、この時期に関しては当該項目を参照のこと。

株式会社桐原書店
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿四丁目15番3号
設立 1967年(昭和42年)12月1日
業種 サービス業
事業内容 高等学校向け英語・国語検定教科書・学習参考書などの企画・出版
語学留学事業
デジタル教材、小論文事業
代表者 代表取締役 門間 正哉
資本金 9600万円
売上高 17億29百万円[1]
(2017年7月期)
純利益 ▲9600万円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 32億6000万円(2020年03月31日時点)[2]
決算期 7月末日
主要株主 KGエデュケーションホールディングス 51%
外部リンク https://www.kirihara.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1966年 - 有限会社桐原書店として東京都文京区大塚に創業。社名は 初代社長・山崎賢二の出身地である長野県桐原村(現・長野市)に由来する[3]
  • 1967年 - 本社を東京都杉並区阿佐谷に移転し、株式会社桐原書店を設立。
  • 1980年頃 - 国語教材や一般書の出版を始める。
  • 1982年 - 海外出版物の輸入販売事業を開始。
  • 1982年 - 『積木くずし』(穂積隆信著)を出版。後に映画化、テレビドラマ化される。
  • 1985年 - 本社を東京都杉並区高円寺南2丁目44番地5号に移転。
  • 2001年 - 教育出版の世界的大手ピアソン・エデュケーション(英ピアソンの子会社)が株式の85パーセントを取得。
  • 2010年 - ピアソン・エデュケーションの日本法人である株式会社ピアソン・エデュケーションと合併し、社名を株式会社ピアソン桐原とする。
  • 2011年 - 本社を東京都新宿区西新宿6-8-1に移転。
  • 2013年 - ピアソングループから独立し、社名を「株式会社桐原書店」に戻す[4]。本社を新宿区西新宿4-15-3に移転。
  • 2017年 - 図書印刷の子会社となる[5]

教科書編集

  • 文部科学省検定済教科書の発行者番号は212、略称は「桐原」。
  • 高等学校向け検定教科書を2教科(外国語・国語)発行している。

主な出版物編集

  • 主に、大学受験を目標とした英語、国語の参考書・問題集を発行している。
    • 『総合英語 FACTBOOK』
    • 『NextStage英文法・語法問題』
    • 『PowerStage英文法・語法問題』
    • 『即戦ゼミ3大学入試 英語頻出問題総演習』
    • 『英文法ファイナル問題集』シリーズ
    • 『データベース英単語』シリーズ
    • 『読んで見て覚える重要古文単語315』
    • 『読解を深める 現代文単語 評論・小説』
    • 『漢文必携』

関連会社編集

  • KGエデュケーションホールディングス(KGE)
  • 学校図書株式会社
  • 株式会社CTS
  • 留学情報館

注釈編集

  1. ^ 子会社の異動を伴う株式の取得(連結子会社化)に関するお知らせ”. 図書印刷. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ a b 株式会社桐原書店 第55期決算公告
  3. ^ 沿革
  4. ^ 新生・桐原書店がスタート - 桐原書店・2013年8月1日
  5. ^ 株主の変更について - 桐原書店・2017年10月30日

関連項目編集

外部リンク編集