メインメニューを開く

桔梗が丘住宅地(ききょうがおかじゅうたくち)は、三重県名張市の北東部丘陵地帯にある住宅地。 名張市内では初の大規模な住宅団地として造成された[1]

概要編集

名張市内では初の大規模な住宅団地で[1]1963年昭和38年)に造成が開始された[2]

近鉄グループによって進められたもので、近鉄大阪線桔梗が丘駅の東側の蔵持地区と美旗地区の間から開発が始まり、近年では駅の西側も開発されるようになった。

桔梗が丘駅が当団地の玄関口となっているが[1]、同駅は当地区の開発に合わせて第1期の住民の入居前の1964年(昭和39年)10月1日に開業したものであった[2]

当地には、高度経済成長期団塊の世代を中心とする新たな住民が多数移り住み[2]、名張市の人口が急増していく口火を切ったとされている[1]

しかし、団塊の世代を中心とする住民が定年退職する年齢を迎えるなどして急速に高齢化が進んでいる[2]

2014年(平成26年)9月1日時点では、人口は約14,000人、世帯数は約5,600世帯となっている[2]

町名編集

  • 桔梗が丘1番町 - 8番町
  • 桔梗が丘南1番町 - 4番町
  • 桔梗が丘西1番町 - 7番町

地域編集

交通編集

公共交通編集

主要道路編集

商業施設編集

百貨店編集

学校編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

  • 名張市立桔梗が丘小学校
  • 名張市立桔梗が丘東小学校
  • 名張市立桔梗が丘南小学校

公共施設編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 酒井直樹、植木創太(2014年10月2日). “いが見聞録 「桔梗が丘駅50周年」の巻 地域発展の原動力 記念行事 節目祝う”. 中日新聞 (中日新聞社)
  2. ^ a b c d e 植木創太(2014年10月1日). “近鉄桔梗が丘駅きょう50周年 初代駅員浜口さん「今の姿夢のよう」”. 中日新聞 (中日新聞社)

関連項目編集

外部リンク編集