メインメニューを開く

桜井村(さくらいむら)[2]は、かつて岐阜県養老郡に存在したである。

桜井村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
桜井村、養老村、沢田村養老村
現在の自治体 養老郡養老町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
養老郡
総人口 274
(町村略誌[1]、1881)
桜井村役場
所在地 岐阜県養老郡桜井村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の養老郡養老町桜井に該当する。

当村が成立したさいは上石津郡の村であったが、郡制施行後、養老郡の村となっている。

歴史編集

村名の由来編集

村内の白鳥神社に湧く泉の水を伊吹山からの帰りに飲んだヤマトタケルが「甘味、香り、桜のごとし」と讃えたことから、その泉が「桜の井」と名付けられ、周辺の地名も桜井となった、という伝説がある[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典21岐阜
  2. ^ 「櫻井村」とも表記される。
  3. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  4. ^ 旧・押越村域は分離し、高田町に編入。
  5. ^ 加藤 2017, p. 90.

参考文献編集

  • 加藤佳一『ローカル路線バス終点への旅』洋泉社、2017年4月19日、223頁。ISBN 978-4-8003-1199-3
  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版 1990年
  • 『岐阜県町村合併史』岐阜県地方課 1961年
  • 角川日本地名大辞典 21 岐阜県』角川書店 1980年

関連項目編集