メインメニューを開く
梨本宮守脩親王

梨本宮守脩親王(なしもとのみや もりおさしんのう、文政2年10月29日1819年12月16日) - 1881年明治14年)9月1日)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本皇族梨本宮初代。伏見宮貞敬親王の第10王子。伏見宮邦家親王の弟。王子幼称は、万代宮。

略歴編集

天保4年(1833年)4月親王宣下。守脩と命名される。同年9月に円満院に入り、出家し覚諄入道親王を名乗る。安政3年(1856年)二品に叙せられる。安政6年(1859年)6月円融院に入り梶井門跡となり、名を昌仁入道親王と改めた。親王は天台座主も務めたが、明治維新後は他の皇族と同様に還俗し、梶井宮守脩親王を名乗った。明治2年(1869年上野太守に任ぜられる。明治3年(1870年)宮号を梨本宮に改称する。1881年(明治14年)9月薨去。63歳。

親王には継嗣となる王子が無かったため、山階宮晃親王の王子菊麿王を養子とした。

関連項目編集

外部リンク編集