梨本宮(なしもとのみや)は、伏見宮貞敬親王の第10王子守脩親王が創設した宮家。明治初期に数多く立てられた伏見宮系の新設宮家のうち、唯一邦家親王の兄弟によって創設されている。

梨本宮家
No image available.svg
じゅうよん うらぎく
十四葉裏菊
家祖 梨本宮守脩親王
伏見宮貞敬親王の第10王子)
種別 皇族宮家
出身地 東京府豊多摩郡渋谷町(現:渋谷区渋谷
東京府東京市麻布区市兵衛町
(現:港区六本木
主な根拠地 東京都
凡例 / Category:日本の氏族


目次


系譜編集

梨本宮守脩親王編集

初代守脩親王文政2年(1819年)に誕生する。天保4年(1833年)に親王宣下して、円満院に入って出家覚諄入道親王と称した。天保6年(1835年)には梶井円融院を相続して昌仁入道親王と改名した。明治元年(1868年)に還俗して梶井宮と称し、次いで明治3年(1871年)には梨本宮と改称した。貞敬親王にはその長男・邦家親王と同じく多くの子女がいたが、還俗して宮家の当主となったのは嫡子・邦家親王の他にはこの守脩親王のみである。1881年明治14年)、63歳で薨去

梨本宮菊麿王編集

守脩親王には実子がなかったため、1881年山階宮から生後間もない菊麿王山階宮晃親王第一王子)が入り、梨本宮を継承する。しかし、菊麿王は1885年(明治18年)に山階宮に復帰した。

代わって、久邇宮朝彦親王の王子多田王が梨本宮を継承して守正王と改名した。

梨本宮守正王編集

3代守正王は、1874年(明治8年)の誕生。1900年(明治33年)に侯爵鍋島直大の二女伊都子と結婚し、方子女王規子女王をもうけた。公的な記録上では、梨本宮2代(菊麿王が山階宮に復帰したため)とする。元帥陸軍大将、日仏協会総裁、在郷軍人会総裁などを歴任した。1943年(昭和18年)、伊勢神宮祭主に就任する。戦後皇族唯一の戦争犯罪人に指定されて巣鴨プリズンに半年間拘置された。1945年(昭和20年)、皇典講究所第6代総裁就任。1947年昭和22年)GHQの指令により10月14日皇籍離脱し、1951年(昭和26年)、78歳で死去。

守正王妃伊都子編集

守正王の妃。1947年10月14日に皇籍離脱。守正王が亡くなった後は、梨本家の祭祀を継承し、子の規子と広橋真光の二男であった広橋儀光(後に離縁)、守正王の甥で久邇宮多嘉王の三男であった龍田徳彦(梨本徳彦、太平洋戦争前に臣籍降下して華族の伯爵として「龍田」を賜っていた)を養子に迎えた。徳彦が梨本家を継承した後、1976年(昭和51年)に94歳で死去した。

方子女王編集

守正王の長女。李氏朝鮮最後の皇太子李垠(イ・ウン)と結婚し王公族となった。戦後は日本国籍と王公族の身分を喪失したが、大韓民国に渡って福祉事業などに尽くした。子に李玖李王家の最後の直系子孫)がある。

規子女王編集

守正王の二女。1926年(大正12年)に広橋真光へ嫁ぎ、臣籍降嫁した。1985年(昭和60年)、78歳で死去。子に一時、母の伊都子の養子となった広橋儀光がある。

皇籍離脱後の梨本家編集

梨本宮は皇籍離脱時点で、守正王と守正王妃の伊都子の二人であり、宮号であった梨本を「氏」とした。2018年現在の当主は梨本隆夫

系図編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 梨本宮2代目

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、梨本宮に関するカテゴリがあります。