メインメニューを開く

森下 知哉(もりした ともや、1979年3月6日 - )は、フジテレビジョン記者であり、元同局アナウンサー

もりした ともや
森下 知哉
プロフィール
愛称 画伯
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1979-03-06) 1979年3月6日(40歳)
血液型 B型
最終学歴 学習院大学法学部
勤務局 フジテレビジョン
活動期間 2001年 - 2009年
ジャンル 報道番組
配偶者 あり
出演番組・活動
出演経歴FNNスーパーニュース

来歴・人物編集

東京都出身。小学校1年から5年までイギリスで生活したため英語は得意。学習院中等科高等科学習院大学法学部政治学科卒業。

2001年、フジテレビに入社。入社当初から「FNNスーパーニュース」など報道系の番組を中心に担当。2003年5月には、パナウェーブ研究所千乃裕子代表の取材に成功している[1]

学生時代、日本テレビ読売テレビのアナウンスセミナーに参加。もともと報道志望で、「NEWS23」や「ニュースステーション」に憧れていたため、TBSテレビ朝日が第一志望だった。

2009年6月26日付で報道局外信部へ異動。海外特派員としてニューヨークへ転勤となった[2]。「FNNスーパーニュース」スタジオキャスターの役割は、同じくフィールドキャスター出身の田淵裕章アナに引き継いだ[2]

2013年7月に帰国、報道局取材センター社会部司法クラブ担当記者となった。[3]

私生活では離婚歴があり、2009年5月、2歳年上の東海テレビの女性記者と同年7月に入籍することが報じられた[1][4]

2016年7月16日より、フジテレビのネットニュースチャンネル「ホウドウキョク」のデスクとして週末のニュースのキモ!Eveningをフジテレビの元アナウンサーで現在、ホウドウキョクマルチデバイスニュースセンターシニアコメンテーターを務めている阿部知代と共に担当。

同年9月25日で番組終了。新番組ホウドウキョク×FLAG9の木曜日と金曜日を担当すると番組内で発表。なお、木曜日はフリーアナウンサー鈴木理香子と、金曜日は今まで通り阿部知代と担当。

同年10月6日、FLAG9に初出演。

2017年3月31日でFLAG9が終了したのに伴い、同年4月7日よりFLAG9とあしたのコンパスが融合した後継番組、FLAG7に毎週金曜日に出演する。この時も阿部知代とコンビを組んだ。

同年6月30日FLAG7の金曜日放送が終了すると発表。同時に社会部の記者に異動することになったと本人から発表があった。

大型二輪、潜水士の資格を持つ。

同期編集

過去の担当番組編集

アナウンサーとして出演

ホウドウキョクデスクとして出演

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集