メインメニューを開く

森 征一(もり せいいち、1943年 - )は、日本法学者。専門は西洋法制史中世ローマ法学。慶應義塾大学名誉教授。慶應義塾大学法学部教授、慶應義塾常任理事、常磐大学常磐短期大学学長、学校法人常磐大学理事長を歴任。

来歴編集

北海道室蘭市出身。北海道室蘭栄高等学校を経て、1967年慶應義塾大学法学部法律学科卒業、1970年慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了。イタリア政府給費留学生としてローマ大学留学を経て、1976年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。勝田有恒の指導を受けた[1]

1970年慶應義塾大学法学部助手、1976年慶應義塾大学専任講師、1979年慶應義塾大学助教授。サンパウロ大学国際交流基金派遣講師を経て、1988年慶應義塾大学教授。慶應義塾大学派遣留学生としてロンドン大学留学を経て、2001年慶應義塾大学法学部長・大学院法学研究科委員長、2005年慶應義塾常任理事(総務、法務、塾員(主管)、育林会担当)。指導学生に薮本将典慶應義塾大学准教授などがいる[2]

2010年学校法人常磐大学常任理事、2011年常磐大学常磐短期大学学長、2012年学校法人常磐大学理事長を兼務。2005年まで法文化学会理事長も務めた[3][4]

共編著編集

  • 満場一致と多数決 ものの決め方の歴史 利光三津夫曽根泰教共著 日経新書、1980
  • 法と正義のイコノロジー 岩谷十郎共編 慶応義塾大学出版会 1997.5 (Keio UP選書)
  • ポ日法律用語集 二宮正人共著 有斐閣 2000.4
  • 福澤諭吉の法思想 視座・実践・影響 安西敏三,岩谷十郎共編著 慶応義塾大学出版会 2002.8
  • 概説西洋法制史 勝田有恒,山内進共編著 ミネルヴァ書房 2004.10
  • 法文化としての租税 国際書院 2005.3 

翻訳編集

  • 訴訟と民主主義 P.カラマンドレーイ 小島武司共訳 中央大学出版部 1976

脚注編集

  1. ^ 「主要業績」慶應義塾大学法学研究会
  2. ^ 「主要業績」慶應義塾大学法学研究会
  3. ^ 「主要業績」慶應義塾大学法学研究会
  4. ^ [1]