山内進

山内 進(やまうち すすむ、1949年10月1日[1] - )は、日本法学者。専門は法制史一橋大学名誉教授。

第16代一橋大学学長ロンドン大学客員教授、中国人民大学客座教授、法文化学会理事長を歴任。サントリー学芸賞受賞。

目次

来歴・人物編集

北海道小樽市出身。父は日本国有鉄道職員、兄は歴史学者の山内昌之東京大学名誉教授。小樽市立奥沢小学校、小樽市立向陽中学校、北海道小樽潮陵高等学校を経て、1972年一橋大学法学部卒業、1974年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了、1977年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、1987年「新ストア主義の国家哲学 ユストゥス・リプシウスと初期近代ヨーロッパ」で一橋大学法学博士。大学では勝田有恒の指導を受ける。また大学1年時の第二外国語のロシア語のクラスでは河村たかし名古屋市長)と同級生だった。

1977年成城大学法学部助手、1978年同専任講師、1981年助教授、1983年ロンドン大学キングス・カレッジ・ロンドン客員教授、1988年成城大学法学部教授、1990年一橋大学法学部・大学院法学研究科教授、1995年ケンブリッジ大学国際法研究センター客員研究員、1999年ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン客員教授、2004年一橋大学大学院法学研究科長・法学部長、2006年国立大学法人一橋大学理事(専任)副学長(社会連携・財務担当)。2010年7月29日に実施された次期学長予定者選考において、一橋大学次期学長に選出。任期は2010年12月1日から2014年11月30日までの4年間。2014年12月一橋大学名誉教授。2015年中国人民大学客座教授、同大学法学院発展顧問委員会委員、堀科学芸術振興財団評議員[2]。2016年9月文部科学省教科用図書検定調査審議会総括部会長代理、2017年4月文部科学省教科用図書検定調査審議会会長。2017年みらかホールディングス取締役。この間2004年、21世紀COEプログラム「ヨーロッパの革新的研究拠点」拠点リーダー就任。2005年から法文化学会理事長。2012年産学協働人材育成円卓会議委員[3]

著書に『決闘裁判』『十字軍の思想』など。弟子に屋敷二郎(一橋大教授)、藤本幸二(岩手大准教授)等。

受賞歴編集

『北の十字軍』でサントリー学芸賞受賞

兄の山内昌之と兄弟での受賞となった。

著書編集

単著編集

編著編集

  • 『混沌のなかの所有』(国際書院、2000年)
  • 『「正しい戦争」という思想』(勁草書房、2006年)
  • 『フロンティアのヨーロッパ』(国際書院、2008年)

共編著編集

  • 勝田有恒森征一)『概説西洋法制史』(ミネルヴァ書房、2004年)
  • 加藤博新田一郎)『暴力――比較文明史的考察』(東京大学出版会、2005年)
  • 大芝亮)『衝突と和解のヨーロッパ――ユーロ・グローバリズムの挑戦』(ミネルヴァ書房、2007年)
  • (勝田有恒)『近世・近代ヨーロッパの法学者たち――グラーティアヌスからカール・シュミットまで』(ミネルヴァ書房、2008年)
  • 『国際法の実践(小松一郎大使追悼)』(信山社 2015年)

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 「山内進名誉教授 略歴」一橋法学15 ( 1 ) , pp.203 - 204 , 2016-03-10一橋大学大学院法学研究科 、一橋大学次期学長選考結果について
  3. ^ 「 当社および子会社の役員人事のお知らせ - みらかホールディングス」みらかホールディングス

外部リンク編集