椎原政佐

日本の江戸時代の人物

椎原 政佐(しいはら まさ、? - 嘉永5年11月29日1853年1月8日))は、薩摩藩士・西郷吉兵衛の妻。名は満佐とも。西郷隆盛従道兄弟の母。

略歴編集

父は薩摩藩士椎原国紀。弟に椎原国蕃椎原国幹がいる。良妻として知られていたようで、夫吉兵衛が死の床に伏せていた時、自身も病床にあったのにもかかわらずに献身したと伝わっている。

子は維新の英傑として知られる隆盛をはじめ、長女、次男吉次郎、次女、三女安、三男従道、四男小兵衛を生んでいる。

戒名は円真霜鏡大姉。

登場作品編集

テレビドラマ