西郷鷹

日本の江戸時代の人物

西郷 鷹(さいごう たか、? - 文久2年(1862年))は、薩摩藩士三原伝左衛門の妻。名は高とも書く。

さいごう たか
西郷 鷹/西郷 高
生誕不詳
死没文久2年(1862年
大日本帝国の旗 大日本帝国薩摩国
住居大日本帝国の旗 大日本帝国薩摩国
国籍大日本帝国の旗 大日本帝国
時代江戸時代末期
活動拠点大日本帝国の旗 大日本帝国薩摩国
配偶者三原伝左衛門
子供あり(長女)
父:西郷吉兵衛
母:西郷政佐椎原国紀の娘)
家族姉:市来琴
長兄:西郷隆盛
次兄:西郷吉二郎
妹:安
弟:西郷従道
末弟:西郷小兵衛

薩摩藩士西郷吉兵衛隆盛の次女。母は椎原国紀の娘政佐維新期に活躍した西郷隆盛は兄にあたる。吉兵衛がもうけた4男3女のうち、唯一詳細が伝わっていない。

嘉永頃に三原家に嫁いでおり、安政4年(1857年)に姉のと市来正之丞の夫婦の助力を得て、長女を出産している。文久2年(1862年)に早世し、嫡男を産むことはなかった。その後、伝左衛門は再婚したとされる。

夫の三原伝左衛門について編集

祖父西郷隆充の兄で家督相続前に寛政5年(1793年)に切腹した西郷覚左衛門の妻は、三原孫兵衛の娘であったが、この三原孫兵衛と伝左衛門との関係は不詳。また、「薩藩史料伝存の事情と事例」に収録された『成尾家親戚系之略』の1874年明治7年)の御検地掛に伝左衛門の名がある。