メインメニューを開く

楢山佐渡

楢山 佐渡(ならやま さど)は、幕末盛岡藩家老。主席家老として、藩財政の建て直しをはじめ制度改革を行なう。

 
楢山佐渡
Narayama Sado.jpg
楢山佐渡像(盛岡市先人記念館蔵)
生誕 天保2年(1831年5月
死没 明治2年6月23日1869年7月31日
改名 茂太(幼名)→隆至、隆吉
別名 五左衛門、佐渡(通称
戒名 大雄院威山英秀居士
墓所 岩手県盛岡市北山の聖寿寺
主君 南部利剛利恭
陸奥国盛岡藩主席家老
氏族 楢山氏
父母 父:楢山隆冀、母:きえ(厨川氏
なか奥瀬嵩棟の娘)
貞、うら、太彌(南部繁蔵妻)

戊辰戦争においては藩を奥羽越列藩同盟に同盟させた主導者となり、秋田戦争において指導的な立場にあったが、戦後は敗戦の責を負って盛岡斬首刑に処された。

目次

楢山家編集

楢山家は石亀氏の支流で、盛岡藩主家南部氏の一門として家老職を務める家柄であった。代々、江刺氏八戸氏葛西氏とも縁戚関係にある。

南部家高知衆(譜代上級武士)として、代々盛岡城内丸(現岩手県盛岡市内丸)に屋敷を構えた。現在の岩手県庁敷地には、かつて楢山家の屋敷があった。

生涯編集

天保2年(1831年5月、楢山隆冀(たかくに、帯刀)の子として生まれる。藩主南部利剛の母・烈子が叔母に当たり、藩主の親戚筋として早くから盛岡城に上がった。

第二次三閉伊一揆編集

佐渡は22歳で家老になるが、嘉永6年(1853年)、総勢3万5千人とも言われる江戸時代最大規模の一揆である三閉伊一揆が起きる。佐渡は当時隠居として藩政の実権を握る南部利済に諫言したため一度罷免されるが、江戸幕府老中の阿部正弘の計らいで再勤し、最終的には仙台藩とうまく交渉をして、一揆をとりまとめることに成功する。佐渡は仙台藩に幕府への届出を猶予してもらうよう願い出る使者を発し、日本史に残る農民運動となった一揆も終止符を打ち、佐渡は盛岡藩の危機を救った。ただ、このために佐渡は仙台藩に借りができたと見る人もいる。

一方で、一揆側の要求の一つであった先代藩主・南部利義の復帰及び帰国を退けたので、利済の傀儡として立てられた藩主の南部利剛もまた佐渡に借りが出来ることになった。

藩政改革編集

一揆騒動後に主席家老として、藩財政の建て直しはじめ制度改革を行なうが穏健派であり、人員削減などの急激な改革を行う改革急進派の家老・東政図と対立した。その急進的な施策により政図は最終的には失脚した。

奥羽越列藩同盟編集

慶応4年(1868年)、京都御所警備のために鳥羽・伏見の戦いが終わった直後の京都に赴任する。京都滞在中、西郷隆盛岩倉具視桂小五郎ら新政府側の人々と接触する。新政府側の意見のばらつきを感じ、また、西郷と接触した際には下級武士と車座になり上下の差別無く食事をとる様子を見て、新政府の世になった際の自分の立場に危機感を覚える[1]。このため、新政府と対抗する意志を固め奥羽越列藩同盟への加盟を決意したとも言われる。

これに異を唱えたのが、御用人の目時隆之進と目付役の中嶋源蔵だった。彼らは何度か佐渡と膝を交えて討論をしたが、ついにその意見が入れられないと悟ると、目時は長州藩邸へ走った。また同盟に断固反対の立場を取った中嶋を、佐渡らは奸臣と呼んだ。中嶋は自身の死をもって佐渡を諌めようと切腹したが、その行動も空しく、佐渡は新政府に対抗する道を選んだ。

佐渡は6月、海路帰国の途につき仙台に上陸する。大部分の随行者は、そのまま盛岡に直行させ自らは仙台藩家老の但木土佐と会見した。「奥羽同盟の一角すでに崩れたが、我々は一蓮托生…」と互いの決意を確かめ合って帰途についたと伝えられている。元々盛岡藩と仙台藩は仲が良いわけではなく、この行為を佐渡の三閉伊一揆での「借り」を返す行為だと見なす者もいる。

盛岡藩内部でも勤王思想が強い者が多かった。藩の大評定で遠野南部家は強硬に新政府側につくことを主張した。また、八戸南部家も勤王思想が強く、密かに久保田藩と通じており、両藩とも戦闘に参加していない。また、謹慎中の東政図は奥羽列藩同盟に最も強く反対をした。

佐渡は帰国後、これら藩内の反対派を押さえ、藩論を奥羽列藩同盟への参加継続で一致させた。

奥羽列藩同盟から離脱し新政府側についた久保田藩を攻めた秋田戦争では、佐渡は勇ましく盛岡藩兵の総指揮をとった。大館城を落城させ、久保田城を目指した佐渡だが、要衝のきみまち阪で最新のアームストロング砲で武装し、西洋式の訓練を受けた佐賀藩兵らの到着により、状況は一変する。藩境まで押し返され、そこで膠着状態になるが、次々に奥羽列藩同盟の同盟藩が離脱する状況に、ついに盛岡藩も降伏を選択した。

撤退の際に南部兵は、久保田藩の各地の集落を焼き討ちにしている。このため、これらの地区では盛岡藩や佐渡に対する恨みが明治後期まで残っていたと言われる。

戦後は敗戦の責を負い、明治2年(1869年)6月23日、盛岡・報恩寺において刎首された。介錯は、佐渡の教えを受けた「戸田一心流」皆伝者・江釣子源吉が執行したという。享年39。

辞世は「花は咲く 柳はもゆる 春の夜に うつらぬものは 武士(もののふ)の道」。

奥羽越列藩同盟を組んだ各藩は責を問われ、藩主に代わり、仙台藩家老の但木土佐、会津藩家老の萱野長修も同様に刎首された。

敗戦後の影響編集

奥羽越列藩同盟という仙台藩中心の組織を早期に見切り、途中から官軍に参加した久保田藩、津軽藩が論功行賞を受ける一方で、盛岡藩は白石への減転封を課せられるなど、後世にわたって長く苦難の道を歩んだ。

なお楢山家は、佐渡が戊辰戦争により切腹するまで宮古市川井の楢山家老役・澤田長左衛門宅にて謹慎し、佐渡切腹後も川井に居住していた。明治22年(1889年)、政府から家名再興の恩典を賜り盛岡へ戻り、これにより南部家によって桜山社内にて大祭が行われた。

大正6年(1917年)9月8日、盛岡・報恩寺において戊辰戦争殉難者50年祭が開かれた。佐渡と同様に盛岡藩家老の家に生まれた政友会総裁・原敬は祭主として列席し、「戊辰戦役は政見の異同のみ」とした祭文を読み上げ、盛岡藩とそれに関わる賊軍・朝敵の汚名に対し抗議の意を示した。

脚注編集

  1. ^ なお、西郷はこの時には大番頭・寄合並(他藩の家老並)であった

外部リンク編集