メインメニューを開く

極楽寺 (鳴門市)

徳島県鳴門市にある寺院、四国八十八箇所霊場の第二番札所

極楽寺(ごくらくじ)は徳島県鳴門市大麻町桧にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第二番札所。日照山(にっしょうざん)無量寿院(むりょうじゅいん)と号する。本尊は阿弥陀如来

極楽寺
ɡokurakuzi0ɾ.jpg
所在地 徳島県鳴門市大麻町桧字ダンノ上12番地
位置 北緯34度9分20.34秒東経134度29分25.25秒座標: 北緯34度9分20.34秒 東経134度29分25.25秒
山号 日照山
宗派 高野山真言宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 (伝)弘仁年間(810年 - 824年
開基 (伝)行基
正式名 日照山 無量寿院 極楽寺
札所等 四国八十八箇所2番
阿波北嶺薬師霊場11番
阿波西国三十三観音霊場東部21番
文化財 阿弥陀如来像(重要文化財)
公式HP 極楽寺
法人番号 5480005003417
テンプレートを表示

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

ご詠歌:極楽の 弥陀の浄土へ 生きたくば 南無阿弥陀仏 口ぐせにせよ

歴史編集

寺伝によれば、奈良時代(710年 - 784年)、行基の開基という。弘仁6年(815年)に空海(弘法大師)がこの地での三七日(21日間)の修法で阿弥陀経を読誦したところ満願日に阿弥陀如来の姿を感得したため、その姿を刻んで本尊としたといい、この阿弥陀如来の後光は遠く鳴門まで達し、魚が採れなくなったため、困った漁民たちが本堂の前に山を築いて光をさえぎったということから「日照山」と号するとされる。 また、空海がその阿弥陀経を読誦した際、難産だった難波の女性が空海の加持により無事安産し、そのお礼にと木造大師像を寄進したのが大師堂の本尊である。 そして、明治時代に同じく大阪住吉の女性が安産祈願をしお告げにより四国遍路に出て無事男の子を出産したお礼にと修行大師像を寄進したのが、大師堂の向かって左前に立つ安産修行大師像である。これらのことから、当寺では子授け・安産の寺として随時祈祷祈願を受け付けていて、安産お守り・腹帯を授けている。

なお、天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火により焼失し、万治2年(1659年)に阿波藩主によって再建されている。

境内編集

 
本尊と同体の石仏
  • 石柱門 - 境外の遍路道にあり、大正11年12月大阪の講により寄進。
  • 山門 - 入母屋造楼門、金剛力士(仁王)像を安置
  • 本堂 - 江戸時代初期(1659年)建立。本尊は本堂裏の斜面上の収納庫に鎮座し本堂内には前仏である。向かって右脇陣には阿弥陀如来坐像、左脇陣には薬師如来が鎮座する。寺宝の地獄極楽図が堂内向かって左の壁に掛かっている。
  • 大師堂 - 江戸時代初期(1659年)建立。安産大師と云われ信仰されている。
  • 観音堂 - 江戸時代中期建立。阿波西国観音霊場。千手観音像。
  • 薬師堂 - 江戸時代末期建立。阿波北嶺薬師霊場。薬師如来立像。
  • 抱き地蔵 - 通称・おもかるさん、軽く感じると願いが叶う。
  • 長命杉 - 空海手植えと伝えられる樹齢約1200年余りの杉。鳴門市天然記念物。
  • 招福弁財天(祠)
  • 雲海の浄土 - 境内中央の日本庭園
  • 阿弥陀如来(本尊同体)、釈迦如来、仏足石、子授け大師、願掛け地蔵などの石造仏が点在
  • 安産修行大師、一願水掛不動尊、大日如来、観音菩薩、子安地蔵などの鋳造仏が点在
  • 鐘楼堂

朱塗りの仁王門を入って右へ進むと右手に手水鉢がある。この先を左に折れると、石段手前に仏足石がありその右手に一願水掛不動尊と観音堂があり、左に薬師堂その後に長命杉がある。その石段を上り切ると正面に本堂があり、その右奥に大師堂がある。 納経所は団体用は長命杉の後ろの本坊で、個人は山門の左にある遍路用品店内奥で行なっている。

  • 宿坊:定員150名(要予約)
  • 駐車場:40台・バス10台。無料。

文化財編集

 
大杉(長命杉)
重要文化財
  • 木造阿弥陀如来坐像 - 秘仏本尊、漆箔・古色、像高84.0cm、鎌倉時代作、明治44年8月9日指定
県指定有形文化財
  • 絹本著色両界曼陀羅図 - 縦157cm横107cm、昭和48年1月12日指定
鳴門市指定天然記念物
  • 大杉(長命杉) - 幹周4.65m、樹高15m、昭和42年11月9日指定

交通案内編集

鉄道
バス
  • 徳島バス 鳴門大麻線「二番札所前」下車 (0.1km)
道路

前後の札所編集

四国八十八箇所
1 霊山寺 -- (1.4km)-- 2 極楽寺 -- (2.6km)-- 3 金泉寺

参考文献編集

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目編集

外部リンク編集