右の油絵ゴッホによる左の歌川広重浮世絵の模写である

模写(もしゃ、: reproduction, reproduce)とは、美術において、他者の作品を忠実に再現し、あるいはその作風を写し取ることでその作者の意図を体感・理解する為の手段、方法。またその行為によって生み出されたもの。

なお、ただ単にその作品をそっくりに複製する(: copy)手法は「転写」であり、「模写」ではないとされる。

日本画においては古くから訓練修行として、また絵画の精神性・様式・技法の伝達などを目的として模写が行われている。また、現在では絵画の保存(文化財の保存)を目的とした模写も行われており、原画が失われても模写が現存することで絵画の内容が伝わっている例もある。

模写は「上げ写し」や「敷き写し」などの技法で原資料から図像を写し取り、色見本を作成した上で彩色・裏彩色を施して制作される。

関連項目編集