メインメニューを開く

横浜市警察(よこはましけいさつ)は、かつて存在した神奈川県横浜市自治体警察

目次

概要編集

従来の神奈川県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に旧警察法及び横浜市警察本部の名称及び組織に関する条例(昭和23年横浜市条例第3号)により横浜市警察本部(名称は横浜市警察局)が横浜市役所内に設置される。翌年6月には横浜駅東口の出島地区(現在は横浜スカイビルの敷地の一部)に新庁舎が落成し移転した。

1954年(昭和29年)に新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として神奈川県警察が発足。川崎市警察など県内の自治体警察は神奈川県警察に吸収されたが、横浜市警察は1年に限って存続が許された。そして、1年後の1955年(昭和30年)7月1日に神奈川県警察に統合され、姿を消した[1]

組織編集

1952年(昭和27年)時点

  • 秘書室
  • 警務部
    • 警務課、指導課、会計課、通信課、警察学校
  • 警ら保安部
    • 警ら交通課、警備第一課、警備第二課、少年保安課
  • 刑事部
    • 捜査第一課、捜査第二課、鑑識統計課

警察署編集

1952年(昭和27年)時点

※括弧内は管轄地。なお区名・区域は当時のもの。

歴代警察長編集

 
小林正基(1954年)
  1. 小林正基警視
  2. 玉村四一警視長

主な事件編集

脚注編集

  1. ^ 「資料編 年表」『横浜市営交通八十年史』 横浜市交通局、2001年3月、715ページ

関連項目編集