鶴見警察署 (神奈川県)

鶴見警察署(つるみけいさつしょ)は、神奈川県警察が管轄する警察署の一つである。

Asahikage.svg 神奈川県鶴見警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Tsurumi Police Yokohama.jpg
都道府県警察 神奈川県警察
管轄区域 横浜市鶴見区
(鶴見川(潮見橋上流端から下流に限る。)及び扇島を除く。)
課数 11
交番数 18
駐在所数 1
所在地 230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目33番9号
位置 北緯35度30分29.31秒
東経139度40分54.31秒
座標: 北緯35度30分29.31秒 東経139度40分54.31秒
外部リンク 鶴見警察署
テンプレートを表示

目次

概要編集

横浜市警察部隷下、第二方面に属する大規模警察署であり、署長の階級は警視正。署内には直轄警察隊(管区機動隊)が配備されている。

署の前には箱根駅伝舞台となる国道15号(第一京浜)が南北に走っているほか、管内には国道1号第二京浜)などの幹線道路が集中している。また、管轄内の大黒埠頭には首都高速湾岸線を受け持つ高速道路交通警察隊の大黒分駐所が存在する。

主に神奈川県内でも有数の街頭犯罪多発地域であるJR京急鶴見駅周辺を中心として、人口およそ28万人の神奈川県横浜市鶴見区全域の治安を担っている。

識別章所属表示はNC。

管轄区域編集

所在地編集

組織編集

署員数約300名

  • 署長(警視正
  • 副署長(警視
  • 地域担当次長(警視)
  • 会計担当次長(警視相当職)
  • 刑事兼生活安全担当次長(警視)
  • 警務課
  • 会計課
  • 生活安全課
  • 地域第一課、地域第二課、地域第三課
  • 刑事第一課、刑事第二課
  • 交通課
  • 警備課
  • 留置管理課

(11課体制)

※「神奈川県警察の組織に関する規則(昭和44年3月31日、公安委員会規則第2号)」を参考にした。

沿革編集

1922年(大正11年)の関東大震災時、数百名の朝鮮人を暴徒から救った大川常吉署長を顕彰する碑が潮田にある。1922年から大川が署長を務めた[1]「当時の鶴見警察[2]」は、署員30名ほどの規模であった[3]

交番編集

  • 鶴見駅前交番 鶴見区鶴見中央1-2-3
  • 潮田交番 鶴見区潮田3-142-1
  • 本町通交番 鶴見区仲通1-27
  • 生麦交番 鶴見区生麦5-14-6
  • 原交番 鶴見区生麦3-8-6
  • 市場交番 鶴見区市場大和町4-30 
  • 尻手交番 鶴見区元宮1-15-21
  • 矢向交番 鶴見区矢向3-2-10
  • 矢向駅前交番 鶴見区矢向6-5-1
  • 上末吉交番 鶴見区上末吉5-11-4
  • 末吉交番 鶴見区下末吉2-18-5
  • 別所交番 鶴見区北寺尾3-2-41
  • 三角交番 鶴見区佃野町22-1
  • 鶴見駅西口交番 鶴見区豊岡町1-3
  • 東寺尾交番 鶴見区東寺尾北台3-33
  • 岸谷交番 鶴見区岸谷1-10
  • 駒岡交番 鶴見区駒岡2-18-1
  • 向谷交番 鶴見区東寺尾1-39

(以前、入船橋交番が存在した。)

駐在所編集

  • 北寺尾駐在所 鶴見区北寺尾7-19-19

連絡所編集

  • 東台連絡所 鶴見区鶴見2-1-4

脚注編集

  1. ^ 神奈川県 県史編集室 『神奈川県史: 人物』 神奈川県〈神奈川県史: 別編 第1巻〉、148頁http://books.google.com/books?id=hd1GAAAAMAAJ 
  2. ^ 鶴見の国際交流”. 横浜市鶴見区. 2015年2月27日閲覧。
  3. ^ 山村武彦 (2013年). “関東大震災のちょっといい話/朝鮮人300人の命を守り抜いた警察署長”. 防災システム研究所. 2015年2月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集