メインメニューを開く

橘 芳慧(たちばな よしえ、1941年8月6日 - )は、日本舞踊家振付家である。東京都浅草出身。本名は篠崎 良子(しのざき よしこ)。亡夫はTBSプロデューサーの篠崎敏男(ブロードキャスター、噂の東京マガジン、TBS開局40周年記念 日本海大紀行、等)

たちばな よしえ
橘 芳慧
生誕 (1941-08-06) 1941年8月6日(77歳)
日本の旗 日本 東京都浅草
職業 日本舞踊家、振付家

目次

来歴編集

日本舞踊橘流初代宗家の橘抱舟(ほうしゅう)とその妻・橘裕代(ひろよ、後の2代目宗家)の間に生まれ、幼年より浅草の花柳界で父の弟子達の稽古を見て育つ。6歳のとき新橋見番にて初舞台「手習子」を踊る。

1964年、自分が振付したものを踊りたいと思い「橘芳慧の会」を主催し、1979年、橘流3代目家元を襲名し、八丁堀の舞台で継承式を行う。

橘流には、故加東大介、中村メイコ等が弟子に名を連ねる。

2011年くも膜下出血で2か月入院し、翌年「宝船」で舞台復帰する。

人物編集

穏やかな母とは違い、本人はチャキチャキした活発な性格であるという。現在、特別な装飾・衣装を極力排除した素踊りで身体だけの日本舞踊の表現を極めていきたいと語っている。

所作指導編集

1999年NHK連続テレビ小説すずらん』で、初めて所作指導として製作スタッフに当たる。以降、大河ドラマ武蔵 MUSASHI』、『功名が辻』、『天地人』、『八重の桜』、『真田丸』、『女城主 直虎』、『いだてん』、『坂の上の雲』等で舞踊・所作指導を行う。

受賞歴編集

外部リンク編集