メインメニューを開く

正心女子短期大学(せいしんじょしたんきだいがく[1])は、鹿児島県姶良郡加治木町木田5348[注 1]に本部を置いていた日本私立大学である。1967年に設置。学生募集の最終年度は不明[2]1988年2月9日廃止[3]1993年度より同じ学校法人が運営する加治木看護専門学校が設置されている。ちなみに、短期大学が置かれていたキャンパスは、併設校の正心女子短期大学附属高等学校→加治木女子高等学校→龍桜高等学校の校舎の一部に転用されている。

正心女子短期大学
大学設置/創立 1967年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人鹿児島学園
本部所在地 鹿児島県姶良郡加治木町木田5348[注 1]
学部 家政科
  家政専攻
  食物栄養専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 正心女子短期大学は家政学をベースとした専門教育に加え、養護教諭や教職員、栄養士の養成にも力をいれていた。

学風および特色編集

  • 正心女子短期大学が設置されている加治木町は、旧来より教育文化に対する意識が高いということから、社会人・職業人そして家庭人として有能な人材育成するという理想を実現するために設置したとなっている[4]
  • 入学試験は、推薦入試のみで、選抜方法は面接のみとなっていた[5]

沿革編集

  • 1967年 学校法人正村学園により正心女子短期大学開学。家政科を置く。
  • 1969年 家政科を専攻分離。
    • 家政専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1970年 設置者を学校法人鹿児島学園に変更。
  • 1988年2月9日廃止[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 鹿児島県姶良郡加治木町5348[注 1]

象徴編集

  • 正心女子短期大学のカレッジマークには学名の一部である「正心」の文字が記されていた[4]

年度別学生数編集

通学課程編集

- 入学定員 総定員 学生数 出典
1967年 50 50 女57 [6][7]
1968年 50 100 女80 [6][8]
1969年 50[注 2] 100 女80 [6][9][注 3]
1970年 50[注 2] 100[注 4] 女42 [6][10]
1971年 50[注 2] 100[注 4] 女32 [6][11]
1972年 50[注 2] 100[注 4] 女13 [6][12]
1973年 50[注 2] 100[注 4] 女12 [6][13]
1974年 50[注 2] 100[注 4] 女12 [6][14]
1975年 50[注 2] 100[注 4] 女25 [6][15][注 5]
1976年 50[注 2] 100[注 4] 女21 [6][16]
1977年 50[注 2] 100[注 4] 女26 [6][17]
1978年 50[注 2] 100[注 4] 女37 [6][18]
1979年 50[注 2] 100[注 4] 女41 [6][19]
1980年 50[注 2] 100[注 4] 女27 [6][20]
1981年 50[注 2] 100[注 4] 女12 [6][21]
1982年 50[注 2] 100[注 4] 女5 [6][22]
1983年 50[注 2] 100[注 4] 女9 [6][23]
1984年 50[注 2] 100[注 4] 女16 [6][24]
1985年 - 50[注 2] 女6 [6][25]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 家政科
    • 家政専攻
    • 食物栄養専攻

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 『正心女子短期大学紀要』[1]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

教職員

施設編集

編集

  • 本短大からの指定寮があった[5]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 家政科
    • 家政専攻:概ね大半の学生が一般企業へ就職しており、教育職員や養護教諭を希望する学生も少なからずいた[5]
    • 食物栄養専攻:在学中に取得した資格を活かして食品関連企業や病院学校給食職員など活躍の場は多岐にわたっていた[5]

附属学校編集

参考文献編集

関連項目編集

関連サイト編集

出典編集

  1. ^ a b CiNii 雑誌 - 正心女子短期大学紀要より
  2. ^ 昭和57年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)547頁には記載あるが、昭和58年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)には掲載がないことから。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』296頁より。ただし、昭和62年度版同書210頁には廃止年月日が「1987年2月9日」と表記されている。
  4. ^ a b 日本の私立短期大学』(日本私立短期大学協会発行:1980年)419ページ。
  5. ^ a b c d 昭和50年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)526頁より
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 出典:『全国学校総覧
  7. ^ 昭和43年度版44頁。
  8. ^ 昭和44年度版47頁。
  9. ^ 昭和45年度版47頁。
  10. ^ 昭和46年度版48頁。
  11. ^ 昭和47年度版48頁。
  12. ^ 昭和48年度版50頁。
  13. ^ 昭和49年度版52頁。
  14. ^ 昭和50年度版54頁。
  15. ^ 昭和51年度版56頁。
  16. ^ 昭和52年度版55頁。
  17. ^ 昭和53年度版55頁。
  18. ^ 昭和54年度版56頁。
  19. ^ 昭和55年度版56頁。
  20. ^ 昭和56年度版58頁。
  21. ^ 昭和57年度版58頁。
  22. ^ 昭和58年度版62頁。
  23. ^ 昭和59年度版62頁。
  24. ^ 昭和60年度版64頁。
  25. ^ 昭和61年度版73頁。
  26. ^ a b 昭和57年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)547頁より。
  27. ^ 山本隆基先生の古希を祝してより
  28. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

注釈編集

  1. ^ a b 現在は鹿児島県姶良市加治木町木田5348
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q うち家政専攻20、食物栄養専攻30
  3. ^ 学園紛争により当年度の学生数の情報収集ができず、便宜上昨年度と同数で表示されている。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o うち家政専攻40、食物栄養専攻60
  5. ^ 諸事情により便宜上昨年度と同数で表示されている。