正統カリフ(せいとうカリフ、الخلفاء الراشدون - al-Khulafā’u r-Rāshidūnアラビア語で「正しく導かれた代理人たち」の意)は、イスラム教イスラム帝国の初期(アラビア語: الخلافة الراشدية‎ - al-khilāfat ar-Rāshidīyah - en)の時代においてイスラム共同体ウンマ)を率いたカリフのことを指すスンナ派の用語。正統カリフ4代のうちアブー・バクルを除く3代の正統カリフが暗殺されてこの世を去っている。

目次

歴史編集

アブー=バクル編集

632年使徒ムハンマドが死去した後、アブー・バクルがイスラム共同体の長に選出された。 リッダ戦争英語版(632年 - 633年)。ドゥーマト・アッ=ジャンダルの戦い英語版を指導し、634年に病没する。以降は、同様にイスラム共同体の合議によって選出され継承を行った。

ウマル編集

634年にカリフに選ばれ、636年ヤルムークの戦いカーディシーヤの戦い642年ニハーヴァンドの戦いを指導する。644年に刺されて、息を引き取る前に後継者候補と選挙方法を残した。

ウスマーン編集

644年にカリフに選ばれ、サーサーン朝を滅亡させるなど、遠征を終結した。海軍を整え、655年マストの戦い英語版で、東地中海の制海権を確保した。クルアーンの制式版を編纂し、版ごとの異同をなくした。656年政策に不平を持つムスリム兵の謀叛により殺害される

アリー編集

656年ウスマーンの跡を継ぎカリフになる。ムハンマドの妻アーイシャとの確執とムアーウィヤとの対立により内乱に直面する。

ムアーウィヤとの講和によりハワーリジュ派が起こる。対立カリフをなのったムアーウィヤとの戦いに追われる中、661年にハワーリジュ派の刺客によって殺害される。

ウマイヤ朝の成立編集

661年にアリーがハワーリジュ派に暗殺された後、ウマイヤ家ムアーウィヤが実力でカリフ位に就いてウマイヤ朝を興した。ムアーウィヤはカリフ位世襲の道を開いたため、正統カリフの時代は終焉した。

歴代カリフ編集

  1. アブー・バクル(632年 - 634年)
  2. ウマル(634年 - 644年)
  3. ウスマーン(644年 - 656年)
  4. アリー(656年 - 661年)

関連項目編集