武生水町

日本の長崎県壱岐郡にあった町

武生水町(むしょうずちょう)は、長崎県壱岐郡にあった町。1955年(昭和30年)に初山村柳田村志原村渡良村沼津村と合併し、郷ノ浦町となった。

むしょうずちょう
武生水町
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
武生水町初山村柳田村志原村渡良村沼津村郷ノ浦町
現在の自治体 壱岐市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
壱岐郡
総人口 5,924
国勢調査、1950年)
隣接自治体 壱岐郡渡良村柳田村志原村初山村
武生水町役場
所在地 長崎県壱岐郡武生水町本村触562番地
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の壱岐市郷ノ浦町の中部にあたる。

地理編集

壱岐島の南西部に位置する。

  • 山:岳ノ辻
  • 河川:永田川、湯川、名切川、亀川
  • 島嶼:机島、平島
  • 港湾:郷ノ浦港

沿革編集

地名編集

触・浦を行政区域とする。武生水町は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。(発足当初は武生水村)

  • 片原触(かたばる)
  • 郷ノ浦
  • 庄触
  • 永田触
  • 東触
  • 本村触

名所・旧跡編集

武生水町出身の著名人編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 法律第二十號 「長崎縣下郡廢置」 官報. 1896年3月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 長崎縣告示第九十一號 壱岐郡武生水村を町となし施行の件 長崎県公報 大正14年3月6日付

関連項目編集