メインメニューを開く

武石ともしび博物館(たけしともしびはくぶつかん)は、長野県上田市にある博物館行灯燭台ランプといった灯火器具収集、展示を行っている[4]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 武石ともしび博物館
Takeshi Tomoshibi Museum 1.jpg
通り門
施設情報
前身 武石村ともしび博物館[1]
専門分野 灯火器具[2]
収蔵作品数 千数百点[2]
開館 1989年
所在地 386-0503
長野県上田市下武石1902番地4[2][3]
位置 北緯36度17分13.36秒 東経138度13分48秒 / 北緯36.2870444度 東経138.23000度 / 36.2870444; 138.23000座標: 北緯36度17分13.36秒 東経138度13分48秒 / 北緯36.2870444度 東経138.23000度 / 36.2870444; 138.23000
アクセス 上田駅からバス60、徒歩10分[4]
東部湯の丸ICからで30分[4]
外部リンク 上田市役所 - 武石ともしび博物館
プロジェクト:GLAM

目次

構成編集

当館は展示館伝承館茶室体験館といった個々の建物からなり、灯火器具とその関連資料として版画図書など千数百点を収蔵している[2]。各棟の概要は以下の通り[2]

展示館
灯火器具とその関連資料を展示。展示物は燃料や用途によって分けて配置され、テーマごとに解説用の動画が用意されている。
伝承館
農家商家をイメージした建物内に灯火器具を展示。生活祭事に関わりのあるについて、18間の動画を用いて解説する。
茶室「煌庵」
灯火と茶道との関係性を見出し、茶室を設置。茶会や茶道教室が催される。
体験館
マイギリ式火打石式による火起こしや、ろうそくの手作り、キットを用いた灯火器具の組み立てといった作業を体験することができる。

歴史編集

当館は長野県小県郡武石村の村制施行100周年を記念して建設され、1989年平成元年)11月3日に開館した[2]。武石村は2006年(平成18年)3月6日丸子町真田町とともに上田市へと合併[5]平成の大合併)。現在の担当は上田市教育委員会である[2]

交通アクセス編集

公共交通機関
JRしなの鉄道上田電鉄 上田駅から路線バスで60分間、さらに徒歩で10分間[4]
千曲バスが上田駅からの路線バス「武石線」を運行している[6]。当館から距離を置いた場所に「下武石」バス停がある[7]
自家用自動車
上信越自動車道東部湯の丸インターチェンジから18キロメートル、30分間[4]
駐車場は普通車30台・大型バス5台が駐車可能であり[4]休息所公衆便所が併設されている[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 武石村「武石村ともしび博物館」より(2006年2月9日インターネットアーカイブ2014年9月5日閲覧)。
  2. ^ a b c d e f g h 上田市「武石ともしび博物館」より(2014年9月5日閲覧)。
  3. ^ 座標は「ジオロケータ― 日本語版」にて「武石ともしび博物館」をキーワードに検索して得た(2014年9月5日閲覧)。
  4. ^ a b c d e f 信州・長野県観光協会「さわやか信州旅.net 武石ともしび博物館」より(2014年9月5日閲覧)。
  5. ^ 上田市「上田市ってどんなところ?」2014年9月5日閲覧。
  6. ^ 千曲バス「千曲バス時刻表 2014年4月」より(2014年9月5日閲覧)。
  7. ^ マピオン武石村ともしび博物館の地図」より(2014年9月5日閲覧)。地図の縮尺によっては「下武石」バス停が表示されない。

関連項目編集

外部リンク編集