メインメニューを開く

水上宝台樹スキー場(みなかみほうだいぎスキーじょう)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する群馬県営のスキー場。群馬県条例に基づく名称は、宝台樹スキー場[1]指定管理者制度に基づき、群馬県前橋市荒牧町に本社を置く武尊山観光開発が管理・運営を行っている[2]

水上宝台樹スキー場
Houdaigi.JPG
所在地 〒379-1721
群馬県利根郡みなかみ町藤原3839-1
座標 北緯36度50分0秒
東経139度5分0秒
標高 1,400 m / 830 m
(標高差) (570m)
コース面積 193ha
コース数 16本
最長滑走距離 2,600m
最大傾斜 40
索道数 7 本
ウェブサイト 水上宝台樹スキー場
第9クワッドリフト終点から谷川岳・朝日岳を望む

目次

概要編集

  • 宝台樹山の東側に位置しており、山麓はなだらかな初心者コース、山頂付近から中腹には中上級者コースが配置されている。全般的に中上級者向けコースの比率が高い。
  • 水上地区のスキー場の中では標高が高く北斜面のスキー場なので比較的雪質がよいとされる。
  • 運営会社が同じであるオグナほたかスキー場と共通シーズン券が発売されている。
  • 2004-2005シーズンまで一部スノーボード滑走禁止区域があった。現在はスノーボード滑走禁止区域はない。

施設編集

  • レストラン
    • センターハウス
      • 宝台樹食堂
      • カレーハウス武尊 (土日休日のみ営業)
      • カフェレストラン谷川・宝台樹ベーカリー (土日休日のみ営業)
    • 第9クワッドリフト乗り場
      • カフェテリア ペガサス
    • ファミリーゲレンデ中腹
      • ファミリーレストラン ポラリス(土日休日のみ営業)
      • レトルトミュージアムレストラン シリウス(土日休日のみ営業)
  • レンタルスキー・ウエアー
  • リフト
    • クワッドリフト2基(うちフード付き1基)
    • ペアリフト5基(第6ペアリフトA/B線含む)
    • リフトゲートにSKIDATA社のICカードシステムを採用している。ICカードリフト券の券番号を控えておくとSKIDATA社のskilineサービス[3]でリフト乗車記録(から推定した滑走距離・標高差)を見ることができたが、2017-2018シーズン現在は行っていない。
  • 駐車場(約2,400台)平日無料、土日祝日年末年始 普通車1000円(12:00以降は半額)
  • 休憩所
  • 託児所
  • メンバーズハウス ツインヴィラ宝台樹(「武尊山スノーエリア友の会」会員専用)

主なゲレンデ編集

名称 説明 レベル 全長 平均斜度
白樺ゲレンデ 宝台樹に来ると最初に現れるのがこの白樺ゲレンデ。独立したゲレンデの感じで、非圧雪バーンもあり、宝台樹の穴場的な存在。 中級
580m
20°
ファミリーゲレンデ 宝台樹スキー場のメインゲレンデです。お子様、初心者にやさしい、練習に最適な斜面。リフト横にはチャレンジパークもあり、お子様からシルバーまで楽しめるゲレンデです。 初級 1,100m
第8クワッドリフト・たんぽぽコース ファミリーゲレンデと同程度の長さの初心者ゲレンデ。クワッドリフトなので、山頂までの到着時間が早い。途中にウエーブも有り、家族で楽しめます。 初級 1,050m
第9クワッドリフト・成平コース 晴れている日は谷川岳、朝日岳、利根川水源地の山々など、大パノラマを見ることが出来る第9山頂から、その景色をそのまま楽しみながら滑り降りる尾根のコースです。 上級 1,400m
17°
第9クワッドリフト・第10コース 第9クワッドリフト山頂から左の谷を降りていくコース。途中、天然のハーフパイプもあり、続けてファミリーゲレンデも滑れば2000メートル近いロングコースとなる。 中級 1,060m
11°

アクセス編集

沿革編集

  • 1979年(昭和54年) - 群馬県・水上町(当時)・片品村・群馬銀行の出資により設立された第三セクター、武尊山観光開発により開業[4]
  • 1991年(平成3年) - 宝台樹第2スキー場(第8・第9クワッドリフトが架かっているエリア)開業。宝台樹第2スキー場は群馬県企業局の施設であるが運営は武尊山観光開発が受託していた。
  • 2001年(平成13年) - 宝台樹第2スキー場が武尊山観光開発に譲渡された。
  • 2012年(平成24年) - 2012-2013シーズンから、一定期間の土曜日は一日券または午後券で18:00まで滑れるトワイライトプラス営業を開始(21:00までのナイター営業はなくなった)。
  • 2013年(平成25年) - 2013-2014シーズンから、託児所スノーフェアリーを開設。
  • 2014年(平成26年) - 数年前から休止していた第3リフトが撤去された。SKIDATA社のICカードシステムを導入。
  • 2015年(平成27年) - 2015-2016シーズンから、休憩所ぐんまちゃんテラスを開設。
  • 2017年(平成29年) - 2017-2018シーズンから、18:00までのトワイライトプラス営業が無くなった。SKIDATA社skilineサービスが無くなった。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集