メインメニューを開く

水野 忠清(みずの ただきよ)は、江戸時代前期の大名上野小幡藩主、三河刈谷藩主、三河吉田藩主、信濃松本藩初代藩主。沼津藩水野家初代。

 
水野忠清
時代 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 正保4年5月28日1647年6月30日
戒名 真珠院郭誉全忠
墓所 東京都文京区の小石川伝通院
官位 従五位下、隼人正
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
信濃国松本藩
氏族 水野氏
父母 父:水野忠重、母:宇川氏
兄弟 勝成忠胤、弥十郎、忠清清浄院加藤清正室)、忠直、女子(安部信勝室)
正室前田利家の娘
忠次(長男、早世)、娘(京極高三正室)、娘(山内忠直正室)、忠職(次男)、娘(土方氏久正室)、祖活(三男、僧籍)、忠増(四男)、娘(有馬康純正室)、娘(菅沼定実正室)、忠顕(五男、水野忠貞養子)。

備後福山藩初代藩主水野勝成の異母弟。

生涯編集

水野宗家6代で三河刈谷城水野忠重の四男として生まれる。慶長5年(1600年)、父が加賀井重望に殺された後、水野氏の家督は兄の勝成が継ぎ、忠清は徳川秀忠の家臣として仕えた。同年関ヶ原の戦いに出陣。慶長7年(1602年)、上野小幡に1万石の所領を与えられて大名となり、同年、従五位下に任官し隼人正を名乗った。慶長10年(1605年)には書院番頭に任ぜられ、また奏者番を兼ねた。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では岡山砦の秀忠本陣の警衛にあたり、元和元年(1615年)の夏の陣では敵将・大野治房を破るという大功を挙げた。この際青山忠俊高木正成と先陣を競い行賞をめぐって争ったため、閉門を命じられたが[1]、元和2年(1616年)に徳川家康死去の寸前に閉門を解かれた。ただし、なおもしばらく謹慎を続けたと伝わる[1]

その後、父忠重の過去の功績と大坂の役の軍功により、三河刈谷2万石に移封された[1]

寛永9年(1632年)に2万石を加えられて三河吉田4万石に移封される。

寛永19年(1642年)7月には信濃松本7万石に加増移封された[1]正保4年(1647年)5月、江戸にて死去した[1]。享年66[1]

家督は子の忠職が継いだ[2]

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b c d e f 田中『シリーズ藩物語 松本藩』、P42
  2. ^ 田中『シリーズ藩物語 松本藩』、P44

参考文献編集