有馬康純

日向国延岡藩の第2代藩主

有馬 康純(ありま やすずみ)は、江戸時代前期の大名日向国延岡藩有馬家2代藩主。官位従五位下左衛門佐晴信肥前有馬氏3代。嘉祥(かしょう)公。

 
有馬康純
時代 江戸時代前期
生誕 慶長18年8月1日1613年9月15日
死没 元禄5年4月12日1692年5月27日
改名 大助、康純、假宿(号)
諡号 嘉祥公
戒名 嘉祥院殿徹洞宗通大居士
官位 従五位下左衛門佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
日向延岡藩
氏族 肥前有馬氏
父母 有馬直純栄寿院
兄弟 康純本多政勝正室、本多政勝養妹、
純政秋元富朝正室、有馬純親室、
黒田高政正室
水野忠清阿部忠秋養女
草野氏、樫沢氏、馬場氏、伊東氏、松木氏
清純本多純親平岡頼恒純息純富純珍純就純英、亀、
分部嘉高正室、沼間清氏室、
阿部正員正室、真田正房室、戸川安宣正室
テンプレートを表示

生涯編集

慶長18年(1613年)8月1日、有馬直純の長男として肥前国日野江長崎県南島原市原城に誕生。幼名は大助。

慶長19年(1614年)7月、父の転封に伴いに移る。元和2年(1616年)、駿府静岡市)で徳川家康に謁見、母の国姫が家康の曾孫だったことから寵愛され「康」の諱字を賜り、蔵人康純と称す。母と共に駿府ついで江戸藩邸に滞在。寛永3年(1626年)9月1日、元服して従五位下に叙せられる。

寛永18年(1641年)に父の死去により家督を継ぎ、須志田村508石を除く諸縣郡の本庄村、森永村、竹田村、塚原村(現在はいずれも国富町の一部)の併せて3,000石を、弟の八兵衛元純(有馬純政、後に本多姓を名乗る)に分知し、旗本とした。承応元年(1652年)から明暦元年(1655年)にかけて縣城(延岡城)を修築し、それに伴い近世城下町としての町割りが整われた。なお、現在の延岡市の名称の由来は、康純が明暦2年(1656年)に今山八幡宮に寄進した梵鐘(「城山の鐘」)の銘文からきているともいわれている。

延宝7年(1679年)11月27日、家督を嫡子・清純に譲り、隠居。延宝9年(1681年)4月21日、新たに建てた門川の隠居宅に移る。天和2年(1682年)に剃髪して出家し、假宿と号す。貞享4年(1687年)に、ふたたび縣(延岡)の三瀬(現、三ツ瀬町)の隠居宅へ移る。

元禄5年(1692年)4月8日、中風に倒れ、同12日の巳の刻(午前10時前後)に三瀬の隠居宅で死去。享年80。葬儀は14日に有馬家菩提寺高岳寺(現北小路城影寺の所在地、現在は福井県丸岡町に移転)にて執り行われた。4月16日、隠居宅のあった三ツ瀬に近い恒富村の簗場(やなば)にて荼毘(『藤原有馬世譜』、巻五、嘉祥公譜)にふされた後、高岳寺に納骨される。法名は嘉祥院殿徹洞宗通大居士。なお、この記述は延岡の名物である「鮎梁漁」が、300年以上の歴史を持つことを示す最古の史料となっている。

系譜編集