永井 直達(ながい なおたつ)は、摂津高槻藩の第4代藩主。

 
永井 直達
Nagai Naotatsu.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 元禄2年(1689年
死没 宝永3年7月30日1706年9月6日
改名 豊熊(幼名)、直達
戒名 節渓宗貞高松院
墓所 東京都品川区北品川の東海寺清光院
官位 従五位下、日向
幕府 江戸幕府
摂津高槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直圓、母:松平忠継の娘
養父:永井直種
兄弟 直達直亮、政之丞、千次郎、直期直度
直教直次増山正邑妻木頼紀
正室:永井直種の娘
1女、養子:直英
テンプレートを表示

略伝編集

元禄2年(1689年)、大和新庄藩主・永井直圓(永井宗家5代)の長男として生まれる。元禄8年(1695年)、伯父の高槻藩主永井直種が死去した際、直種の実子直英は乳飲み子であったため、婿養子として6月19日に跡を継いだ。元禄16年(1703年)12月21日、岳父と同様に日向守として叙任される。

宝永3年(1706年)7月30日に死去した。享年18。養子となった直英が跡を継いだ。なお、のちに直英も早世すると、直達の弟の直期がその跡を継いでいる。