メインメニューを開く

永末 英一(ながすえ えいいち、 1918年1月2日 - 1994年7月10日)は、日本政治家海軍軍人短期現役士官)。民社党委員長、衆議院議員(通算10期)、社会主義インターナショナル副議長。

永末英一
ながすえ えいいち
生年月日 1918年1月2日
出生地 日本の旗 日本 福岡県
没年月日 (1994-07-10) 1994年7月10日(76歳没)
死没地 日本の旗 日本 京都市
出身校 旧制東京帝国大学
(現・東京大学
前職 京都府議会議員
所属政党日本社会党→)
右派社会党→)
(日本社会党→)
民社党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章

選挙区 京都府第1区
当選回数 7回
在任期間 1972年12月11日 - 1993年6月18日

選挙区 京都府第1区
当選回数 3回
在任期間 1963年11月22日 - 1971年2月7日

当選回数 1回
在任期間 1959年6月3日 - 1963年11月2日

在任期間 1989年2月25日 - 1990年4月26日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

福岡県出身。東京帝国大学法学部卒業後、南満州鉄道勤務を経て、海軍短期現役主計科士官(第八期)として出征。軽巡洋艦五十鈴の庶務主任、ラバウル航空隊付、駆逐艦春雨の主計長、重巡洋艦摩耶の主計長としてレイテ沖海戦に参加したが1944年10月23日、摩耶は米潜水艦によりパラワン水道で撃沈された。永末以下生存者約700名は駆逐艦秋霜に救助され、つづいて大和型戦艦武蔵に移乗[1]。しかし10月24日、シブヤン海の空襲で武蔵も沈没し、永末以下摩耶生存者は島風型駆逐艦島風に移乗、翌日のサマール島沖海戦に参加した[2]。レイテ沖海戦後、第二艦隊副官として戦艦大和に乗艦、12月上旬に日本へ帰投した[3]。この帰投中、大和と同航していた戦艦金剛駆逐艦浦風が米潜水艦の雷撃で撃沈された。これらの経験を踏まえて永末は「大艦巨砲主義」について「巨砲を大艦が積んでいるのであるから『巨砲大艦主義』と私は言う」と述べている。

永末はその後、第二相模野航空隊、舞鶴海兵団に勤務中、海軍主計大尉として終戦を迎えた。京都市議、京都府議を経て、1959年6月の参院選日本社会党公認で京都選挙区から出馬し、初当選。1960年1月の民社党結成に参加する。

1963年11月、総選挙に死去した水谷長三郎の後継として旧京都1区から出馬し、衆議院議員に初当選。以来、連続3回当選。1971年に衆議院議員を辞職し、同年2月の京都市長選挙に無所属で立候補(自民党、民社党推薦)するも落選、翌年12月の総選挙で衆議院議員に返り咲き、以来、1990年まで連続7回当選した。

1979年5月、民社党国対委員長に就任する。(その後、6年間務めた。)

1985年4月、佐々木良作党委員長が辞任した党大会では、委員長退任後も隠然たる影響力を及ぼしていた春日一幸党常任顧問の「長老支配」を公然と批判した。春日の怒りを買ったが、副委員長に昇格する。1988年のリクルート事件での塚本三郎党委員長の汚職疑惑に絡み、翌年2月、塚本委員長が辞任し佐々木党常任顧問の指名で委員長に昇格。

当時主流をなしていた自公民路線を志向する春日、塚本、後の委員長大内啓伍らに対して、佐々木や永末らは社公民路線を志向していた。党内では常に路線対立がくすぶっていた。

1989年7月の参院選は、社会党が躍進するも、民社党は非改選も合わせて10議席を割り込む事になった。永末が推し進めた社会党や公明党との選挙協力や社公民連合政権協議で得票を減らしたと塚本らから批判を浴びた。さらに、1990年2月の衆院選で民社党が20議席割れの大敗を喫した責任を取って委員長を辞任した。1991年、叙勲一等旭日大綬章1993年6月、政界を引退した。

永末の委員長就任期間は民社党歴代委員長の中でも短く、印象も少ないかもしれない。しかし、後の民主党(民進党)は民社党内きっての社公民路線派であった永末の悲願であった社会、民社両党の歴史的和解によって成立したもので、民社党の中での永末らの役割は大きかったとも言える。

1994年7月10日、心不全のため京都市内の病院で死去した。叙正三位。76歳没。

脚注編集

参考文献編集

  • 松浦敬紀編著「衆議院議員永末英一(海軍主計大尉)"太平洋に沈んだ戦友の声"」『若い世代へ伝えたい残したい 終りなき海軍』文化社、1978年6月。

関連項目編集

党職
先代:
塚本三郎
民社党委員長
第6代 : 1989年 - 1990年
次代:
大内啓伍