江上不二夫

江上 不二夫(えがみ ふじお、1910年11月21日 - 1982年7月17日)は日本の生化学者。戦後日本の生化学を牽引した一人。日本学術会議会長、国際生命の起源学会会長等を務めた。東京生まれ。考古学者江上波夫は兄。

江上 不二夫
(えがみ ふじお)
Egami Fujio.JPG
1953年
生誕 1910年11月21日
日本の旗 日本 東京都
死没 (1982-07-17) 1982年7月17日(71歳没)
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生化学
研究機関 東京帝国大学
ストラスブール大学
パリ大学
名古屋帝国大学
東京大学
埼玉大学
三菱化成生命科学研究所
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝

目次

略歴編集

その後、フランス政府給費留学生としてストラスブール大学およびパリ大学に留学。東京帝国大学理学部助手を経て

受賞歴編集

補記編集

ジェームズ・ワトソンの『二重らせん』を、中村桂子と共訳した(パシフィカ、初版1980年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第1回-第10回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集