江田 昌司(えだ まさし、1945年9月16日 - )は千葉県船橋市[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

江田 昌司
基本情報
出身地 日本の旗 日本 千葉県船橋市
生年月日 (1945-09-16) 1945年9月16日(74歳)
身長
体重
179 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1963年
初出場 1965年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

千葉商業高校では1年生時から内野手のレギュラーとして活躍。同期の高橋重行(2年で中退)、仁礼豊の両エースを擁し、1962年春季関東大会決勝に進むが、鎌倉学園の永田善一(大毎)に完封負けを喫する。鎌倉学園には竹之内雅史がいた。同年夏の甲子園千葉県予選でも準決勝に進出するが、習志野高に敗退。同年の秋季関東大会県予選でも決勝に進むが、またも習志野高に敗れる。その後も県予選で敗退し甲子園には縁がなかった。他の高校同期に遊撃手鴇田忠夫がいた。

1963年阪神タイガースに入団[1]。同期入団に野田征稔辻佳紀がいる。1965年に一軍に上がるが、なかなか定着はできなかった。しかし1968年にはシーズン終盤に三塁手二塁手として3試合に先発出場。1970年には自己最多の28試合に出場したが、翌1971年には出場機会が減少。同年オフに自由契約になり引退した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1965 阪神 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1966 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1968 9 15 14 1 4 2 0 0 6 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .286 .286 .429 .714
1969 9 16 13 3 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 1 0 1 5 0 .231 .333 .308 .641
1970 28 17 14 5 3 2 0 0 5 3 0 0 0 0 2 0 1 5 0 .214 .353 .357 .710
1971 5 5 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .250 .400 .250 .650
通算:6年 58 54 46 9 11 5 0 0 16 4 0 0 1 1 4 0 2 14 0 .239 .327 .348 .675

背番号編集

  • 70 (1963年)
  • 39 (1964年 - 1965年)
  • 36 (1966年 - 1971年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、89ページ