メインメニューを開く

江草 安彦(えぐさ やすひこ、1926年大正15年)9月10日 - 2015年平成27年)3月13日)は日本の医師社会福祉事業者、教育者学位医学博士。岡山県名誉県民[1]

人物編集

岡山県笠岡市生まれ[2]。旧制広島県立福山誠之館中学校卒業後、岡山医科大学付属医科専門部(現岡山大学医学部)に進学し、勤務医を経て総合医療福祉施設・社会福祉法人旭川荘の創設に参加、旭川荘の第2代理事長となる。後に名誉理事長となった。2015年3月13日、心不全のため死去[3]。88歳没。

岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター教授江草正彦は息子。

履歴編集

賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 岡山県名誉県民 - 岡山県ホームページ(総務学事課)
  2. ^ a b c d e f g h “江草安彦 旭川荘名誉理事長が死去 障害児らの療育に尽力”. 山陽新聞デジタル (山陽新聞社). (2015年3月13日). http://www.sanyonews.jp/article/146004/1/ 2015年3月19日閲覧。 
  3. ^ “旭川荘名誉理事長の江草安彦さん死去”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年3月13日). http://www.asahi.com/articles/ASH3F53Y9H3FPPZB00S.html 2015年3月14日閲覧。 
  4. ^ a b “江草安彦氏が死去 社会福祉法人旭川荘名誉理事長”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年3月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HHB_T10C15A3CZ8000/ 2015年3月19日閲覧。 

外部リンク編集