池田修一

日本の将棋棋士

池田 修一(いけだ しゅういち、1945年2月12日 - 2006年7月3日)は、将棋棋士花村元司九段門下。棋士番号102。青森県八戸市出身。

 池田修一 七段
名前 池田修一
生年月日 (1945-02-12) 1945年2月12日
没年月日 (2006-07-03) 2006年7月3日(61歳没)
プロ入り年月日 1969年4月1日(24歳)
引退年月日 2000年8月20日(55歳)
棋士番号 102
出身地 青森県八戸市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 花村元司九段
段位 七段
棋士DB 池田修一
戦績
通算成績 244勝494敗(0.3306)
2016年10月23日現在
テンプレートを表示

経歴

編集

1960年に15歳で奨励会に入る。

1964年 - 1965年の頃に肺結核を発症し、1966年(昭和41年)の7月から1968年(昭和43年)5月まで故郷で治療入院していた。当時三段で無収入であったが、医療費は医師の温情で出世払いとなり、生活費は親友でプロになりたての中原誠四段(当時)が支えていた[1]。病気復帰の翌年である1969年に四段昇段[2]

1972年1982年王位戦で本戦リーグ入り。1982年には、米長邦雄永世棋聖(当時棋王)を破るなど活躍した。

1993年竜王戦において中井広恵に敗れ、女流棋士に公式戦で敗れた最初の棋士となった。同年に現役勤続25年を達成した。

2000年8月20日に引退。通算成績は244勝494敗。2004年4月1日付で七段に昇段。

心筋梗塞のため、2006年7月3日に61歳で死去した。

人物

編集
  • 同じ東北地方出身の中原誠(宮城県塩竈市育ち)とは少年時代[注釈 1]に対局してからの仲である。その対局で勝利した池田は、当時は高級品であったバナナを中原にプレゼントした。
  • プロ入り時より出身地の八戸市に住み、対局の度に東京に出てくる生活を送っていた[2][3]。1990年頃に池田を八戸に訪ねた先崎学は、タクシーの運転手に「将棋の池田」で通じるなど「八戸の大名士」であった池田について記している[3]
  • 地元新聞「デーリー東北」に将棋欄をつくり[2]、観戦記の執筆などもこなしていた。
  • 1977年より毎年八戸市で開催されている「はちのへ将棋まつり」の運営責任者を務めていた。

昇段履歴

編集
  • 1960年 - 入門
  • 1969年4月1日 - 四段
  • 1976年4月20日 - 五段
  • 1988年4月13日 - 六段
  • 2000年8月20日 - 引退
  • 2004年4月1日 - 七段

主な成績

編集

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1969 24 C213
1970 25 C207
1971 26 C216
1972 27 C210
1973 28 C207
1974 29 C216
1975 30 C206
1976 主催者移行問題により中止
1977 36 C205
1978 37 C217
1979 38 C212
1980 39 C228
1981 40 C221
1982 41 C232
1983 42 C231
1984 43 C234
1985 44 C230
1986 45 C215
1987 46 C246 1 6組 --
1988 47 C248 2 6組 --
1989 48 C243 3 6組 --
1990 49 C246 4 6組 --
1991 50 F編 5 6組 --
1992 51 F編 6 6組 --
1993 52 F編 7 6組 --
1994 53 F編 8 6組 --
1995 54 F編 9 6組 --
1996 55 F編 10 6組 --
1997 56 F編 11 6組 --
1998 57 F編 12 6組 --
1999 58 F編 13 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

表彰

編集
  • 1993年 現役勤続25年

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 当時池田11歳、中原8歳

出典

編集
  1. ^ 中原人情流”. 将棋ペンクラブログ (2015年10月31日). 2022年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c 花村元司九段でさえ手こずったこと”. 将棋ペンクラブログ (2015年10月31日). 2022年2月6日閲覧。
  3. ^ a b 先崎学「八戸の名士の死」『山手線内回りのゲリラ』2007年、日本将棋連盟、206‐209頁。

関連項目

編集

外部リンク

編集