池田 政員(いけだ まさかず)は、江戸時代中期の大名備中国生坂藩3代藩主。官位従五位下中務少輔通称は伊織。

 
池田政員
時代 江戸時代中期
生誕 元文2年10月23日1737年11月15日
死没 明和4年1月25日1767年2月23日
改名 泰太郎、政員
別名 伊織(通称
戒名 承徳院殿佑邦宗賢大居士
官位 従五位下中務少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
備中生坂藩
氏族 池田氏(輝録流)
父母 池田政晴池田政倚
兄弟 鵜殿政長政員政弼長恵
池田長仍正室、山内豊産正室、
八重子、甲斐庄正堅正室
池田政純四女美恵子
政良、秀次郎
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・池田政晴の次男として誕生した。幼名は泰太郎。

寛延元年(1748年)、父の死去で跡を継ぐ。明和4年(1767年)正月、疱瘡を発症し[1]、正月25日に31歳で死去した[2]末期養子の届け出の関係で、公式には正月29日死去と届けられた[3])。子の政良、秀次郎は公式には弟政弼の子とされた[4]

法名は承徳院殿佑邦宗賢大居士。跡を弟の政弼が継いだ。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.48
  2. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.56
  3. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.58
  4. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.59-63

参考文献編集

  • 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(角川選書、2004年)