メインメニューを開く

池田政直 (福本藩主)

池田 政直(いけだ まさなお、寛永11年(1634年) - 寛文5年12月6日1666年1月11日))は、江戸時代前期の大名輝澄池田家2代。

播磨福本藩初代藩主。官位は従五位下、能登守。祖父母は池田輝政徳川家康の娘・督姫。父は池田輝澄(政直は四男)。母は生駒正俊の娘。正室は姉小路公景の娘。子に娘(久松松平勝以正室)、娘(水野忠位正室)。

家康の曾孫にあたるため松平姓を与えられた。父が改易されたものの、寛文3年(1663年)に1万石を与えられ立藩した。寛文5年(1665年)没。嗣子がなかったため、領地は弟の政武に7,000石、政済に3,000石が分与されて交代寄合となり、福本藩は消滅した(明治元年1868年に藩に復帰)。

墓所は兵庫県神河町福本の徹心寺