メインメニューを開く

池田 由之(いけだ よしゆき)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将天城池田家初代。

 
池田由之
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正5年(1577年
死没 元和4年閏3月11日1618年5月5日
改名 九郎兵衛、号轄悟、通称:岩松
戒名 法号海禅寺殿霊岳永祥大居士
墓所 倉敷市藤戸町天城 天城海禅寺楫山墓所、
鳥取県米子市総泉寺
鳥取県米子市湊山公園内・清洞寺跡
官位 出羽
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康
備前岡山藩
氏族 池田氏天城池田家
父母 父:池田元助、母:伊勢貞良
兄弟 由之元信
正室:万(蜂須賀家政長女・即心院
由成、由英(蜂須賀玄寅)、忠義
之政竹子津守国貞室)

生涯編集

天正5年(1577年)、尾張国犬山池田元助の嫡男として誕生。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで父は祖父・池田恒興と共に、徳川家康率いる軍勢の襲撃を受けて討死した。由之は8歳の幼子であったため、池田家の家督は叔父である池田輝政に引き継がれたが、輝政は由之を不憫に思い、成長後の慶長6年(1601年)に播磨国佐用郡周辺に2万2000石を与えた。平福城下町を構え利神城を改修した。慶長12年(1607年)に駿河御普請役を勤めた際に、徳川家康から馬を拝領している。慶長14年(1609年)には3万2000石に加増され、備前国下津井城の城番になる。

慶長18年(1613年)に叔父の輝政が死去し、その嫡男の利隆が家督を継ぐと、由之も下津井から播磨国明石城へ移るが、その利隆も元和2年(1616年)に死去すると、家督を継いだ光政は、江戸幕府から幼少を理由に翌元和3年(1617年)に因幡国鳥取藩へ移封させられる。これに伴い由之も明石城から米子城へと移ることとなった。

この頃の池田家中では筆頭家老の伊木忠繁ら要職にある人物も死去しており、幼君の光政を補佐したが、元和4年(1618年)に江戸から米子へ戻る途中、怨みにより大小姓の神戸平兵衛により刺殺された。享年42。法号は海禅寺殿霊岳永祥大居士。家督は嫡男の由成が相続した。

正室万(即心院殿梅岩宗清大姉)は、慶長17年2月5日(1612年)備前岡山で、享年20。

系譜編集


参考文献編集

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』

外部リンク編集