メインメニューを開く

泉男生[1](せん だんせい、ヨン・ナムセン、634年 - 679年1月29日)は、高句麗政治家軍人淵蓋蘇文の子。兄弟間の争いのためにに服属した。は元徳。

経歴編集

642年、高句麗の大臣である父の権勢の影響下で、先人に任ぜられた。648年、中裏小兄となった。651年、中裏大兄に進んだ。656年に中裏位頭大兄となり、657年には将軍を兼ねた。661年、莫離支・三軍大将軍となった。数万の兵を率いて鴨緑江で唐軍と対峙(唐の高句麗出兵)したが、契苾何力に敗れて、身ひとつで逃亡した。

665年、大莫離支の位を加えられて、高句麗の国政を掌握した。しかし弟の泉男建や泉男産と不仲となり、泉男建が泉男生の子の泉献忠を殺害する事件が起こった。泉男生は弟たちを恐れて国内城に逃亡し、契丹靺鞨と結び、子の泉献誠を唐に送って援助を求めた。高宗は泉献誠を右武衛将軍に任じ、契苾何力・龐同善らに泉男生を援助させることとした。

666年9月、龐同善が高句麗軍を破ると、泉男生は龐同善と合流した。667年薛仁貴が泉男建を破ると、泉男生は薛仁貴と合流して南蘇・木底・倉巌の三城を落とした。高宗は西台舎人の李虔繹を派遣して泉男生をねぎらわせた。668年、泉男生は長安に入朝し、特進・遼東大都督・平壌道行軍大総管・持節安撫大使に任ぜられ、玄菟郡公に封ぜられた。再び高句麗におもむくと、李勣とともに平壌を攻め、僧侶を使って高句麗の内部を離間し、宝蔵王を捕らえた。長安に凱旋したのち、右衛大将軍に進み、卞国公に封ぜられた。

677年、詔を受けて遼東の地の安撫にあたり、唐の州県を置き、流民を定住させ、賦税を公平にし、労役をはぶいたので、民衆はその寛容な統治を喜んだと伝える。679年、46歳で世を去り、并州大都督の位を追贈された。を襄といった。

脚注編集

  1. ^ 本来の姓名は淵男生(えん だんせい)。唐に帰順した後、高祖李淵の諱を避けて、泉姓を称した。

伝記資料編集

  • 大唐故特進行右衛大将軍兼検校右羽林軍仗内供奉上柱国卞国公贈并州大都督泉君墓誌銘  王徳真撰、欧陽通
  • 新唐書』巻110 列伝第35 泉男生伝