メインメニューを開く

泊岸村(とまりきしむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

泊岸村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 敷香支庁
敷香郡
総人口 4,846
1941年12月1日
隣接自治体 敷香郡敷香町内路村
恵須取郡恵須取町
元泊郡知取町
泊岸村役場
所在地 樺太庁敷香郡泊岸村
座標 北緯48度59分40秒 東経142度51分32秒 / 北緯48.9944度 東経142.8589度 / 48.9944; 142.8589座標: 北緯48度59分40秒 東経142度51分32秒 / 北緯48.9944度 東経142.8589度 / 48.9944; 142.8589
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

泊岸という地名は、アイヌ語の「トマリ・ケシ」(入江の外れ)、「トマリ・ケシ・ナイポ」(港の岸にある小川)に由来[1]

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。現在はロシア連邦サハリン州ヴァフルシェフノーヴォエなどとして実効支配している(行政区画は一致しない)。

概要編集

多来加湾に面していた。村内には京都帝国大学演習林が存在した。また村内を流れる古丹岸川沿いに炭鉱も存在したほか、上流部では林業が盛んであり、鉄砲堰が組まれて生産された木材の流送も行われていた[2]

歴史編集

村内の地名編集

旧新問村地域
  • 新問(にいとい)
  • 東問串(ひがしといくし)
  • 蛯毛(えびけ)
  • 大股(おおまた)
  • 茂受(もうけ)
  • 開北峠(かいほくとうげ)
  • 新問沢(にいといざわ)
  • 二股(ふたまた)
  • 春日沢(かすがざわ)
  • チニウシ
  • ニュシオポポシ
  • ムヌシオポポシ
  • ノテト
  • 野手戸岬(のてとみさき)
  • ヤンゲナイポ
  • ナンベウェ
  • チシプトマリ
  • モエンルン
  • ウツナイ
旧内路村(泊岸)地域
  • 泊岸
  • 泊岸炭鉱
  • 久茶(くちゃ)
  • 羽牛(はうし)
  • 掛牛(かけうし)
  • 茶呉(ちゃくれ)
  • 古丹岸(こたんきし)
  • 倍加留(ばいかる)
  • 東宗仁(ひがしそうに)
  • 股木沢(またきざわ)

[3]

出身者編集

地域編集

教育編集

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[4]

  • 樺太公立泊岸国民学校
    • 炭山分教場
  • 樺太公立新問国民学校

脚注編集

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.452
  2. ^ “鉄砲堰ってなんだ” その後”. 埼玉県立川の博物館. 2018年10月19日閲覧。
  3. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  4. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1691

関連項目編集