メインメニューを開く

泡雪崩(ほうなだれ)は、雪崩の一種。ホウ雪崩とも表記する。大規模な煙型乾雪表層雪崩を指し、新潟県富山県では単にホウとも呼ぶ。

概要編集

多雪地で気温が低く、多量の降雪を伴う吹雪の時かその直後の積雪が安定しないときに起きやすい。そのため、主に厳冬期の山間部で発生する。

通常の雪崩のような雪塊の落下とは違い、雪崩を構成する雪煙が最大で200km/h以上の速度で流下する。その衝撃力は数百キロパスカル(建造物などを破壊するほどの力に相当する)に達し、大きな被害をもたらすと考えられている。

そのため、泡雪崩が発生すると、あまり雪が堆積しないにもかかわらず(通常の雪崩では多量の雪が堆積する)、衝撃によって周囲のものがことごとく破壊されているか吹き飛ばされているという状況が発生する。

この破壊力に関して、爆風が発生すると誤解されることが多いが、実際は、雪煙が空気と雪粒の混合体であるがゆえ生じる力による。この誤解は『高熱隧道』の記述によって広まったとされている。

歴史編集

泡雪崩は、新潟県や富山県の豪雪地帯を中心に「ホウ」とか「ホウラ」、「アワ」、「アイ」などと呼ばれ恐れられてきた。鈴木牧之によって書かれた『北越雪譜』には「ほふら」の表記でこの種の雪崩の記述がある。

記録に残っている被害では、1918年1月9日新潟県南魚沼郡三俣村(現在の湯沢町)で発生した泡雪崩が集落を襲い、158人もの死者を出したものが最大である(三俣の大雪崩)。

このほか、雪深く気温が低い厳冬期の黒部峡谷は泡雪崩が発生しやすく、1938年12月27日富山県下新川郡宇奈月町志合谷(現在の黒部市)で発生した泡雪崩では、黒部川第三発電所建設に伴うトンネル工事の作業員が宿泊していた鉄筋コンクリート兼木造宿舎の3階および4階部分[1]が川の対岸600mまで吹き飛び84人の死者(うち47人は遺体の確認ができなかった)を出している。なお、一連の黒部川での電源開発工事では、出し平ダムで34人、竹原谷で21人の泡雪崩による死者を出している。

富山県五箇山(現南砺市域)では、1828年12月12日、細島にて8軒21人が、1940年1月28日、漆谷にて5軒8人がアワの犠牲となっている[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 1-2階は鉄筋コンクリート造、3-4階は木造合掌造りであった。現在は坑口付近に鉄筋部分の一部が現存し、富山大学等が雪崩の観測に使用している(黒部渓谷志合谷のなだれ研究 Ⅰ : 志合谷のなだれ予備調査,清水 弘; 秋田谷 英次; 中川 正之; 岡部俊夫,Low temperature science. Series A,Physical sciences, 30: 103-114, 1973-03-05)。 のちに類似の構造をもつ阿曽原宿舎も被災しており、現在は阿曽原小屋の基礎部分として転用されている。
  2. ^ (富山県)上平村役場『上平村史 』上平村、1982年、p175-177,p381。

外部リンク編集