波木井 賢(はきい けん)は日本のヴィオラ奏者。

横浜国立大学教育学部附属横浜中学校卒業。中学時代はバレーボール部に所属し、さほど身長はなかったがアタッカーとして活躍した。

神奈川県立光陵高等学校卒業。

東京芸術大学修士課程修了。

東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者を経て、1982年にドイツ学術文化交流会の奨学金を得てケルン音楽大学へ留学。1985年ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に入団、1992年より第1首席奏者。

ヴァイオリニスト菊地裕美は妻。

ハンガリー出身の作曲家クルターグ・ジェルジと親交があり、リサイタルなどで積極的に彼の曲を取り上げている。クルターグの『ヴァイオリン、ヴィオラとオーケストラのためのコンチェルタンテ 作品42』は菊地裕美と共に波木井に献呈されている。

外部リンク編集