メインメニューを開く

泰道 照山(たいどう しょうざん、1907年明治40年)1月2日 - 1984年昭和59年)2月20日)は、日本実業家である。元エスエス製薬会長。旧名は三八

小泉純一郎の元配偶者である宮本佳代子は孫、小泉孝太郎小泉進次郎曾孫、にあたる。

経歴編集

三重県度会郡小川郷村[1]出身[2][3]で、勘吉の三男[2]

1919年大正8年)に神戸鉄道教習所を卒業[2]して港町運輸事務所と大東被服に勤めたのち、1930年昭和5年)に独立[2]する。1942年(昭和17年)に東京第十布帛工業を設立して社長となり、東京都布帛製品工業協組専務理事、泰東布帛製品卸商組合理事を歴任[2]する。朝鮮動乱の好景気で財を成す[3]

エスエス製薬は金融操作の誤りから1958年(昭和33年)2月に経営不振となり、社長から六代目白井正助が退いて土手守吉が就く[4]。江戸時代の創業来続いた白井一族の手を離れ、泰道は11月に社長[4]1970年(昭和45年)12月に会長[5]に就く。

人物像編集

宗教仏教[2]。趣味はゴルフ[2]

孫の宮本佳代子は小泉純一郎と結婚したが、佳代子の父親的存在の泰道は反対[6]した。佳代子は政治家の妻に不安を抱くも、小泉純一郎から「“何の心配もいらない”と言われ、その言葉を信じて嫁に行った[6]」と述べている。

家族・親族編集

泰道家 (三重県[2]、千葉県市川市[2]

  • 父 勘吉[2]
  • 妻 とみ[2]
  • 養子 正年[2] 1927年(昭和2年)6月生[2] - 実業家
  • 長女 志計子 - 泰道繊維系列の東洋化工で専務を務める宮本輝久(明治大学商学部卒)に嫁いだが、1974年に夫と死別[3]。娘の宮本佳代子(1956 - )は青山学院大学在学中の1978年に小泉純一郎と見合い結婚し、小泉孝太郎、小泉進次郎ら3児[3]を儲けた。
  • 次女[2] 1938年(昭和13年)9月生[2] - 夫の泰道正年(旧姓・藤田)は東京大学工学部を卒業して泰道リビング社長、会長、全日警会長[3]を務める。
  • 三女[2] 1940年(昭和15年)11月生[2] - 夫の数土直方(数土文夫の兄)は東京大学工学部を卒業してエスエス製薬社長、会長を経て名誉会長[3]を務める。
  • 長男 彰良 1945年(昭和20年)1月生[2] - 慶応義塾大学経済学部、エスエス製薬、東都信用組合を経て、自由民主党衆議院議員、のちにコスモ信用組合事件で懲役3年6か月[7]を受刑する。
  • 四女[2] 1950年(昭和25年)生[2] -
  • 五女[2] 1953年(昭和28年)生[2] -

脚注編集

  1. ^ 現在の度会町
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)た六九
  3. ^ a b c d e f 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017/07/25、「小泉純一郎」の章
  4. ^ a b 昭和20年代(1945年~1954年)戦後の復興と事業拡大
  5. ^ 昭和40年代株式上場、信頼されるメーカーとして
  6. ^ a b 岩崎大輔 『ダークサイド・オブ・小泉純一郎:「異形の宰相」の蹉跌』176頁
  7. ^ 神一行 著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』243頁

関連項目編集