津村常吉

日本の将棋棋士

津村 常吉(つむら つねよし、1923年7月28日 - 1993年11月3日)は、将棋棋士、七段。小堀清一九段門下。棋士番号は59。神奈川県横浜市の生れ。

 津村常吉 七段
名前 津村常吉
生年月日 (1923-07-28) 1923年7月28日
没年月日 (1993-11-03) 1993年11月3日(70歳没)
プロ入り年月日 1952年1月1日(28歳)
棋士番号 59
出身地 神奈川県横浜市
師匠 小堀清一九段
段位 七段
戦績
2017年8月23日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

すでに20代半ばを過ぎた1949年、アマ名人戦で神奈川県代表となる。その翌年の1950年、二段で小堀清一に入門し、1952年にプロ入りを果たす。

順位戦初参加から3期目となる第9期(1954年度)C級2組順位戦で9勝3敗・2位の成績を収め、C級1組に昇級するとともに五段に昇段。当時31歳。これが現役棋士としての最初で最後の昇段となる。

引退間際の1970年、第1回新人王戦に47歳で出場し、準決勝に進出。

日本将棋連盟には、販売部や道場師範を担当して貢献した[1]

1993年、心筋梗塞[1]死去。享年70。

棋風編集

相掛かり角換わり陽動振り飛車など、居飛車系の将棋が多い。

攻めっ気が強い棋風で、攻めが続けば快勝するが、受けに回ると脆い面がある。

昇段履歴編集

主な成績編集

  • 第1回新人王戦 ベスト4(1970年)
  • 順位戦 自己最高C級1組

脚注編集

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目編集

外部リンク編集