洲崎 (東京都)

洲崎(すさき)は、東京都江東区東陽一丁目の旧町名で、ここは元禄年間(1688~1704)に埋め立てられた土地で[1]、古くは「深川洲崎十万坪」と呼ばれた海を望む景勝地。明治21年(1888)に根津から遊郭が移転し[1]1958年昭和33年)の売春防止法成立まで吉原と並ぶ都内の代表的な遊廓が設置され、特に戦後は「洲崎パラダイス」の名で遊客に親しまれた歓楽街であった。

なお、現在の墨田区向島5丁目にあたる地区もかつては洲崎と呼ばれていた(ただしこちらは「須崎」の字が当てられることが多かった)が、牛島神社・三囲神社(田中稲荷)の旧地や長命寺などが近世以前から存在する古くからの村落で、現在はどちらかといえば明治期創業の「言問団子」に起因する形で(在原業平伝承にちなむ)「言問」の名で知られている。

他に、千葉県・神奈川県にも、同名の地名がある。洲崎を参照。

目次

沿革編集

近世編集

 
名所江戸百景「深川州崎十万坪」

江戸時代初期ころ、江戸城への運搬船を通すための水路として、小名木川などの河川を整備し、その河口付近の湿地帯(現在の洲崎付近)をならした。この付近はまだ満潮で冠水する状態であったため、逆に水路と畦を配して養魚場が発達していった。

寛政3年9月4日1791年10月1日)、洲崎一帯を台風による高潮が襲い、周辺家屋を呑み込み多数の死者を出す大惨事が発生。幕府は以後、高潮に備えて洲崎一帯に家屋の建築を禁止した。[2]

その後も養殖業は依然として盛んに行われ、また潮干狩りの名所として発展していく。江戸後期には「東に房総半島、西は芝浦まで東京湾をぐるりと手に取るように眺められる景勝地」として発展し、初日の出の名所として人気を集めた。

明治以降編集

1887年(明治20年)までに富坂(現・文京区)に東京帝国大学校舎が新築される計画が策定されたため、風紀上の観点から直近に存在した根津遊廓の移転計画が発足。しかし最大の歓楽街だった吉原に受け入れの余裕がなく、1886年(明治19年)6月に洲崎弁天の東側の広大な湿地を整備して移転することとなり、現在の東陽一丁目に洲崎弁天町が誕生した。1893年(明治26年)に大火があったものの、大正時代末期には300件前後の遊郭がひしめき、吉原と双璧をなす規模の大歓楽街(吉原の『北国』(ほっこく)と同様に、『辰巳』(たつみ)の異名を持つほど)に発展した[3]

第二次世界大戦により深川地区は激しい空襲に晒されるようになり、1943年昭和18年)には洲崎遊廓の閉鎖令が下され、跡地は軍需工場等となったが、1945年(昭和20年)3月の東京大空襲で洲崎はほぼ完全に灰燼に帰し壊滅した。

第二次世界大戦終結後からわずか半年で洲崎遊廓は、「洲崎パラダイス」の愛称で復興。その規模と海の直近という風情から、吉原以上の人気を誇る歓楽街として隆盛を誇った。1956年(昭和31年)製作の映画「洲崎パラダイス赤信号」には、ロケにより往事の華やかな洲崎の様子が記録されている。その後、1958年(昭和33年)4月1日に施行された売春防止法により、洲崎パラダイスは70余年の歴史に幕を引き、静かな住宅街へと変遷していった。

1967年(昭和42年)、町名の変更に伴い洲崎弁天町1、2丁目は江東区「東陽」に統合された。

主な名所・遺構・キーワード編集

洲崎大門(すさきおおもん)
現在の永代通り「東陽三丁目」交差点から東陽1丁目方向へ入ったところにあった洲崎橋に設置されていた外門で洲崎遊郭への正面玄関。吉原の吉原大門と同じ類のもので、戦前は鉄の門柱であったが戦後の隆盛時は「洲崎パラダイス」の名が掲げられた大きなアーチ形の門が設置された。昭和33年の洲崎パラダイス廃止に伴い門は撤去された。
洲崎橋跡
永代通りの東陽三丁目交差点から東陽一丁目方向へ入ったところを流れていた洲崎川にかかっていた橋。洲崎遊郭への出入口で、洲崎大門が設置されていた。その後洲崎川が埋め立てられてしまい、現在は橋の跡に往事の名残を残す説明碑が残るのみ。橋の真横にあった、警視庁深川警察署の洲崎橋交番も平成12年に取り壊されて永代通りに面した場所に「東陽交番」と改称して新築された。現在、江東洲崎橋郵便局が現地にあり、往時を偲ばせる名が残っている。
旧「大賀楼」建物
洲崎遊廓の中でも一等クラスの店だった「大賀」の本館。売春防止法施行後も建物が現存し(「大賀」の屋号も建物に掲示されたまま)、華やかなりし洲崎全盛期と変わらない外観を今に残す。近年まで日本共産党の江東区議会議員の個人事務所として使用されていた。平成23年3月の東日本大震災の地震により半倒壊。同年秋に解体された。
東陽弁天町アーケード街
現在の東陽1丁目商店街。もともと近隣に所在する洲崎弁天神社の名を拝して洲崎弁天町と呼ばれた地域。建物の一部が旧遊郭時代のものをそのままリフォームして使っているお店もあり、旧名所歩きの人々のスポットとして知られる。旧遊郭時代の建物は平成24年4月に解体され面影は残っていない。
洲崎弁天
三つ目通りから洲崎方向への途中、閑静な住宅街に鎮座する社。江戸時代からの名刹で、現在の正式名は「洲崎神社」。洲崎の町名の所以となった。当時この付近は海岸であり、元禄時代には時の将軍徳川綱吉の母の守本尊であり、また水にまつわる神仏でもある弁才天が祀られ、海難除けの社として地元漁民の信仰を集めた。歌川広重の浮世絵にも往事の姿が描かれている。当時は海岸から離れた小島に建てられており、人々から「浮き弁天」の名で呼ばれていたが、その後埋め立てが進み、現在では往事の景観を偲ぶすべはない。東京大空襲で壊滅的な被害を受けるが、戦後に現在の姿に復興した。直近の弁天橋脇には、弁天町の住人のほとんどが犠牲となった東京大空襲の遭難者を供養する碑が建つ。
波除碑(なみよけのひ)
洲崎弁天の境内に建つ江戸時代中期の石碑。1791年9月4日にこの一体を襲った津波の惨状から、洲崎弁天から西側一帯を、津波に備えての冠水地帯として居住を禁止し、災害の惨状を記録した2本の波除けの碑を設置した。現在このうちの1本が洲崎弁天の境内に移設され現存している。
洲崎警察署跡
洲崎遊廓を管轄した警視庁の旧警察署。現在でも戦前の洲崎を舞台にしたドラマや舞台などで時折登場する。昭和20年の東京大空襲時には全職員が参集し住民避難誘導にあたり、住民を可能な限り避難させたが、職員は自身の避難のすべを失い、庁舎に戻って署長以下全員が殉職という最期を遂げた。同様に東京大空襲で壊滅した平野警察署、扇橋警察署と共に、その所管を深川警察署に吸収統合された。
大門(おおもん)通り
洲崎遊廓の正面玄関だった洲崎大門から、吉原遊郭の吉原大門がある土手通りを繋ぐ一本道。遊郭の大門と大門を繋ぐ街道として発展し、現在もバス通りとしてその名が残る。華やかなりし時代には、遊郭へ遊びにやってくる男たちで賑わった。
洲崎球場
戦前、洲崎地区に設置されていた野球場。後楽園球場が出来るまではプロ野球公式戦のメイン球場の一つとして利用されたが、もともと湿地帯に作られた球場のため水はけが悪く、冠水によるコールドゲームも発生した。
永井荷風
小説家の永井荷風は「断腸亭日乗」などの著書で吉原と共に戦前の洲崎遊郭の風情を幾つかの小説に書きとどめており、往事の姿を伺うことができる。
小説「洲崎パラダイス」
終戦後から隆盛を極めていった洲崎遊廓に生きる遊女たちの素顔を追った芝木好子の短編。昭和31年に「洲崎パラダイス赤信号」の名で映画化された。
武部申策(1872~1943)
星亨の書生から自由党院外団の壮士となり、生井一家のヤクザ、総会屋の元締を経て日本の黒幕として様々な経済事件に介入した。洲崎弁天町に居を構えたところから「洲崎の殿様」と呼ばれた。家紋は黒揚羽。(参考図書:森川哲郎『日本の黒幕』)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『大辞泉』
  2. ^ 東京市史稿. 変災編 第2』 東京市、東京市、1915年7月15日、p542,543。2013年4月14日閲覧。
  3. ^ 小島貞二『禁演落語』筑摩書房、2002年4月、pp186-187。

関連項目編集