浅田 統一郎(あさだ とういちろう、1954年5月15日 - )は、日本経済学者中央大学教授

人物編集

愛知県生まれ。1977年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。指導教官は荒憲治郎[1]。一橋大学経済学部助手、1983年駒澤大学経済学部専任講師、87年助教授、1993年中央大学経済学部助教授、94年教授[2]、2015年中央大学経済研究所長。98年「成長と循環のマクロ動学」で中央大経済学博士

著書編集

共編著編集

翻訳編集

  • M.カレツキ『資本主義経済の動態理論』間宮陽介共訳 日本経済評論社 ポスト・ケインジアン叢書 1984
  • ハイマン・ミンスキー『金融不安定性の経済学――歴史・理論・政策』吉野紀内田和男共訳、多賀出版、1989年
  • W.ゼムラー編『金融不安定性と景気循環』日本経済評論社 ポスト・ケインジアン叢書 2007

論文編集

脚注編集

  1. ^ 「昭和56年 学位授与・単位修得論文一」一橋研究
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク編集