野口 旭(のぐち あさひ、1958年3月17日 - )は、日本経済学者日本銀行政策委員会審議委員。専修大学経済学部教授。専門はマクロ経済経済政策国際金融日本デフレーション脱却を果たすために、インフレターゲットの設定を主張していた[1]

のぐち あさひ
野口 旭
生誕 (1958-03-17) 1958年3月17日(63歳)
北海道
出身校東京大学経済学部研究科博士課程単位取得満期退学
職業経済学者

経歴編集

北海道生まれ。1982年東京大学経済学部卒業。1988年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。同年専修大学経済学部講師。助教授を経て、教授[2]2021年4月1日日本銀行政策委員会審議委員に就任。

著書編集

単著編集

共著編集

編集編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ どうなる これからの景気と経済 徳島新聞 2007年7月19日
  2. ^ 野口 旭 | 人名事典 | お楽しみ PHP研究所
  3. ^ 編著者以外に安達誠司飯田泰之飯塚尚己岡田靖岡野裕介高橋洋一、中村宗悦が寄稿している。

外部リンク編集