メインメニューを開く

浜佐呂間駅(はまさろまえき)は、かつて北海道網走支庁常呂郡佐呂間町字浜佐呂間に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)湧網線廃駅)である。電報略号サロ。湧網線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月20日に廃駅となった。

浜佐呂間駅
はまさろま
Hama-Saroma
仁倉 (4.6km)
(3.4km) 北見富丘
所在地 北海道常呂郡佐呂間町字浜佐呂間
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 湧網線
キロ程 46.0km(中湧別起点)
電報略号 サロ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1952年昭和27年)12月6日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月20日
備考 湧網線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の浜佐呂間駅と周囲約500m範囲。右上が網走方面。千鳥式ホーム2面2線、駅舎横の貨物ホームに引込み線を有している。この時点ではまだ無人化されていないが、相対側ホームはすでに草生している。駅の中湧別側に建てられた数軒の職員官舎が目立つ。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歴史編集

  • 1952年(昭和27年)12月6日 - 日本国有鉄道湧網東線の常呂駅 - 当駅間延伸開通に伴い、下佐呂間駅(しもさろまえき)として開業。一般駅
  • 1953年(昭和28年)10月22日 - 佐呂間駅 - 当駅間の延伸開通に伴い、中間駅となる。また、中湧別駅 - 網走駅間全通に伴い路線名を湧網線に改称し、それにより同線の駅となる。
  • 1963年(昭和38年)10月1日 - 浜佐呂間駅に改称。
  • 1972年(昭和47年)2月8日 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 1982年(昭和57年)3月29日 - 荷物の取り扱いを廃止し、同時に無人駅(簡易委託駅)化(駅近隣の個人)。
  • 1987年(昭和62年)3月20日 - 湧網線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造編集

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは線路の西側(網走方面に向かって左手側)に存在した[1]。そのほか、本線の網走方から分岐し駅舎北側への側線を1線有していた[1]。かつては2面2線の相対式ホームを有する、列車交換可能な交換駅であった。1983年(昭和58年)時点では使われなくなった対向ホーム側の1線は交換設備運用廃止後も転轍機が中湧別方、網走方の両方向とも撤去された形で側線として残っていた(ホームも撤去されていた)[1]。ホーム前後の線路は、転轍機の名残で湾曲していた[1]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の東側に位置し、ホームに接していた[1]木造モルタルで白く塗装された駅舎であった[1]。駅自体は完全無人であったが、駅近隣の個人が乗車券を取り扱う簡易委託駅となっていた。受託者は駅附近の民宿経営者で、駅舎内で宿泊案内を行う場合もあったという[1]

駅名の由来編集

当駅が所在していた地名より。地名は、佐呂間より浜に近いために[2]「浜」を冠した。

旧駅名の下佐呂間(しもさろま)は、佐呂間より佐呂間別の下流に位置していたため[2]、「下」を冠した。

利用状況編集

  • 1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は79人[1]

駅周辺編集

駅前には農協ストアや商店街があった[1]

駅跡編集

駅舎と駅構内施設は早々と撤去され、駅跡地には幾つかの町有施設が新たに整備されており、駅や周辺の線路跡は見る影もなくなっている。

1999年(平成11年)時点では当駅跡から仁倉駅寄りのイワケシュケコマナイ川に架かっていた橋のコンクリートの橋台が残存しており[4]2010年(平成22年)時点[5]、2011年(平成23年)時点でも同様であった[6]。理由は不明だが片側のみであった[6]

隣の駅編集

日本国有鉄道
湧網線
仁倉駅 - 浜佐呂間駅 - 北見富丘駅

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』宮脇俊三原田勝正小学館、1983年7月、161頁。ISBN 978-4093951012
  2. ^ a b 太田幸夫『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』富士コンテム、2004年2月、169頁。ISBN 978-4893915498
  3. ^ a b c d e 『北海道道路地図 改訂版』地勢堂、1980年3月、19頁。
  4. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVI』宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、1999年3月、31-32頁。ISBN 978-4533031502
  5. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、52-53頁。ISBN 978-4533078583
  6. ^ a b 本久公洋『北海道の鉄道廃線跡』北海道新聞社、2011年9月、104-105頁。ISBN 978-4894536128

関連項目編集