浜田尚友

政治評論家、政治家

浜田 尚友(はまだ ひさとも、1909年明治42年)6月29日[1] - 1988年昭和63年)3月3日[2][3])は、日本政治家帝国議会衆議院議員、国分市議会議長。

浜田 尚友
はまだ ひさとも
生年月日 1909年6月29日
出生地 鹿児島県
没年月日 (1988-03-03) 1988年3月3日(78歳没)
出身校 早稲田大学政治経済学部
所属政党 無所属(無所属倶楽部

選挙区 鹿児島県第2区 (戦前中選挙区)
テンプレートを表示

経歴編集

鹿児島県国分村(現・霧島市)出身[1][2]国分小学校卒業[1]1927年(昭和2年)鹿児島県立加治木中学校 (旧制)卒業[1]1932年(昭和7年)[1][3]早稲田大学政治経済学部政治科卒業[1][2][3]。同年[1][2]東京日日新聞社(現・毎日新聞社)に入社し[1][2][3]、社会部・政治部記者[1][2]厚生大臣秘書官1940年(昭和15年))などを経て、1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)で翼賛政治体制協議会推薦候補として鹿児島県第2区にて当選[1][2][3]1943年(昭和18年)現職議員中より第一号陸軍二等兵として応召、硫黄島戦闘参加[1]選挙無効判決による1945年(昭和20年)の再選挙でも当選。1946年(昭和21年)公職追放1951年(昭和26年)解除[1]

戦後、国分市議会議員[3]、同議長[1][2][3]、同社会教育委員長[3]を歴任し、政治評論家としても活動[2]

著作編集

  • 『西郷隆盛のすべて : その思想と革命行動』久保書店、1972年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『青少年の座右銘 現代鹿児島の百人』84頁
  2. ^ a b c d e f g h i 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』497頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』513頁。

参考文献編集

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年
  • 鶴岡正夫編『青少年の座右銘 現代鹿児島の百人』育英出版社、1976年