メインメニューを開く

海と毒薬』(うみとどくやく)は、1986年制作の日本映画。原作は遠藤周作同名小説。全編白黒作品。1987年の第37回ベルリン国際映画祭銀熊賞審査員グランプリ部門受賞作。1986年度の第60回キネマ旬報ベストテン日本映画第1位及び日本映画監督賞受賞作。

海と毒薬
監督 熊井啓
脚本 熊井啓
製作 大塚和
宮川孝至
出演者 奥田瑛二
音楽 松村禎三
撮影 栃沢正夫
編集 井上治
配給 日本ヘラルド
公開 日本の旗 1986年10月17日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

太平洋戦争末期の1945年に行われた米軍捕虜への臨床実験における若き医師の葛藤を通して、生命の尊厳を問う小説の内容に、監督の熊井は衝撃を受けて映画化を決意する。原作者の遠藤から映画化の承諾を得て、1969年には脚本が完成したが、その作品性ゆえ出資者探しが難航し、実際に映画化されたのは17年後の1986年のことであった。舞台は架空の大学の医療機関「九州のF帝大」と設定されている。

ストーリー編集

撃墜されたB29搭乗員8名が帝大医学部に連れてこられた。軍の命令により、生きたまま米軍捕虜を解剖する実験を行うためである。人間の内臓が摘出されても生きていられるのか…尋常ではない非道な実験に参加せざるを得ない医学部研究生・勝呂は、良心の呵責にさいなまれる。そんな勝呂の様子をせせら笑う同期生・戸田も、極限状態で何も感情が湧かない自分自身を疑い始める。学部内での権力闘争も相まって、若き研究生らは翻弄されていく。

キャスト編集

スタッフ編集

備考編集

  • 劇中の血液は、スタッフから採取した実物が使用された[1]
  • 熊井啓の自伝『映画と毒薬』(1987年 キネマ旬報社)に、捕虜の人体実験の場面(鼓動する心臓を鷲掴みにするショッキングなシーン)は保健所に保護された犬を開胸し撮影したという。

脚注編集

  1. ^ 公開当時の劇場用ロビーカードの説明文より

外部リンク編集