海辺のリア』(うみべのリア)は、2017年日本映画。脚本・監督は小林政広、主演は仲代達矢

海辺のリア
監督 小林政広
脚本 小林政広
製作 宮川朋之、小林政広
ニック・ウエムラ、塚田洋子
製作総指揮 杉田成道
出演者 仲代達矢
黒木華
原田美枝子
小林薫
阿部寛
音楽 佐久間順平
撮影 神戸千木・古屋幸一
編集 金子尚樹
配給 東京テアトル
公開 2017年6月3日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

仲代達矢は2015年に文化勲章を受けており、史上初めて文化勲章受章後に映画主演をするの俳優となった。

映画の舞台は石川県で、撮影はほぼ石川県で行われた[1][2]

あらすじ編集

桑畑兆吉はかつては名俳優であったが、今は認知症の疑いから長女・由紀子らに裏切られ、遺書を書かされた上に高級老人ホームに入居させられた。ある日兆吉は老人ホームを逃げ出す。由紀子の夫でかつて兆吉の弟子だった行男は探しに行く。兆吉は家へ帰る道もわからず海岸を歩いていると、妻とは別の女性に産ませた娘・伸子と再会するが。。。

キャスト編集

スタッフ編集

ロケ地編集

  • 国民宿舎能登小牧台
  • グランド・ケア・クラシック能登
  • 恵寿ローレルクリニック

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集